2011-03-09

『ゴッド・ファーザー』

古い映画なのに何故か競争率が高くて、
観たいときに限って借りられない。
ライバルが多いらしい・・・。
だったら図書館で借りてやる!
無料だし、2週間借りられるし。

マフィアの抗争だから「怖いと嫌だなぁ」と倦厭していた。
でも「名作だから、観たほうがいいよ」と彼。
それに「血みどろのシーンはないから」とも言われた。
そしたら、ホントに怖い場面はうまいこと撮られている。
実際怖いんだろうけど、言葉だけだったり
見えないが想像できるような映像になってる。
なるほど、最近の映画に残虐シーンが多いってことか!

とっても深いお話だったよ。
マフィアのドンも大変なんだね。
関わってくる女性の気持ちも考えさせられる。

そして車や家具とかがカッコイイ。
ついでになんか長い。
眠気と闘う妊婦にはちょっと辛い長さ。
決して面白くないわけじゃないのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-03-08

『ソーシャル・ネットワーク』

今更ながら、『ソーシャル・ネットワーク』を観に行ってきた。
公開から時間が経っているし、
休みの前の日でもないし、レディースデーでもないので
座席数も少なくてリクライニングのきく良いシートでゆったり。
ゆったりだけど、たった3人しかいなかった。
一人ぼっちになると、ちょっと怖い空間(笑)

実際のお話に、随所にフィクションを加えたこの映画。
どこが脚色部分がわからないけど、
「頭は悪くても、お金持ちじゃなくてもいいや・・・sweat02」と
単純なわたしは心から思う。

多分、普通が一番幸せだ。
だって経済的にもなんとか生きていけるし、
お友だちと楽しく過ごせる時間があるんだからさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-06-15

『トランスフォーマー リベンジ』

すっかりお話を忘れてしまったけれど、
前作が愉快だったことをふと思い出して
トランスフォーマー リベンジ』を借りてきた。
だって、レンタル半額クーポンを貰ったから。

あぁ、お話を思い出すまでなんのことやら
サッパリわかんないよ・・・。
でもアホっぽくて楽しいよ。
前作で敵対したおじさんが、
こんなにノリノリの人に変わっているのにも愕然。
でもそれでもいいよ、やり取りが愉快だから。
そしてあのCGの凄さ。 いい仕事してますなっ!

なんか、まだ続きそうな予感?
それまでお話を覚えてられるかなぁ。
忘れそうだなぁ。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-06-02

『LOST シーズン5』

Hさんとわたしはロスト仲間。
「なんか、ソーヤーがいちばんいいと思ってきました。」
と彼女は言っていた。
わたしもけんじくんもそう思ってる・・・。
たぶん本国の人もそう思っているに違いない。

最初はジャックが大活躍だったけど、
「アメリカ人的にはああいう感じがいいのか?」と思い始め、
日本人的には「それもどうなのよsweat02」と疑問に思う。
そして今回は「ギャー、今日はケイトもやな感じ!」って一瞬思った。
みんなどうなの?? どう思うの?

いつも観終わると早く次が観たいって、
うちでは彼と2人で興奮気味。
シーズン5はあまりにもあっけなく終わってしまって、
「あれ、まだディスクがあるんじゃない? 借りてきてよ。」って言われた。
確か最終まで借りた気がするけど、勘違いかもしれないや。
探しに行ったら、あのディスクが最終だったと再確認。
棚の前で愕然とするわたしは一体・・・。
とっても気になる、続きが。

いつ日本にくるか調べてもらったら、
シーズン6はつい最近終わったばかりらしいじゃないか!
じゃあ、まだしばらくこないよねweep
調べついでに彼は「あのロックはね・・・○×@%・・・。」とブツブツ。
ギャーsign03 そんな余計なこと喋らないでっっ!
お楽しみは次回にとって置くんだからさっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-05-31

『アグリー・ベティ
 シーズン1』

『アグリー・ベティ』って面白い~。
「殺人事件ですかっ!」って感じだし、
「えぇ、不法滞在にまた殺人!」とか
「女子は強くないと生きていけないんだわっsweat01」と思ったり、
最後の最後に「そんなぁdown」って思うし。
でも基本的に陽気。
マークとアマンダがいるからかっ??
あの二人、大好きheart04 超カワイイ

最初は『プラダを着た悪魔』のストーリーがよぎったり、
『セックス・アンド・シティ』のゲイの彼が思い浮かんだりしたけど、
違う展開だったからかなり気に入った。
『LOST』のウィドモアさん(?)も出てるよ。
相変わらず、なんだかちょっと悪そう(笑)

今までのドラマと違ってゆっくり観てるから、
シーズン3までDVDが出ちゃったっぽい。
手に取ってから、かれこれ1年くらい経過してるもん。
一気に観ちゃうと燃え尽き症候群みたいになるけれど、
このドラマだけは寂しさを感じずに長~く楽しめそう。
また今度時間のあるときに、ゆっくりじっくり観ようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-05-06

『スーパーナチュラル
      シーズン4』

ゴールデンウィーク、それはどこもかしこも人でいっぱいの週。
もうどこも行かない方がいいんだよ・・・たぶん。
だけどたくさん休むといい加減暇だし、そうだ!
海外ドラマでも観ちゃうしかないね。
これだけ時間があれば、1シーズン分くらい軽く見終わるでしょshine 

というわけで、わが家はスーパーナチュラルを観ることにあいなった。
さすがに前の話をうっすら忘れてるけど、まぁいいか。
大体一話完結で、通しで展開してるのは悪魔退治だし。
死んだり生き返ったり大忙しだけど、追々思い出すでしょう。
しかしディーンが死んでるのをスッカリ忘れていたわたし。
いきなり生き返って「っっっ?」ってなってるディーンと一緒に、
「なにが起こったんだ?」と考えた。

驚いたのはボビーの突然の日本語。
前から日本語くらい知ってたよ的発言に、
ドラマの兄弟、けんじくんと共に驚きましたっけ。
んでもって最後に同時に「ルビーーーーーっ!!」みたいな。
はぁ,,,早く続きが観たいのう・・・。

どうやらいちばん悪いヤツは堕天使だ。
でもあんまり信仰のことはわからない。
だから突き詰めると天使ってなんだろうか?ってなる。
なんていうか、ヨーロッパの美術館に行って
「キリスト教のことわからないからなぁ、
 さてこの絵はどーゆーことだろうね?」
・・・って思うときと同じあの感覚????

しかしこのドラマを観て、ほほぅと思うことがある。
そういえばエヴァの気持ち悪い矢が刺さったあれも、
リリスって名前だったよなぁとか。

日本にも欧米の信仰が根付いていたら、
アメリカのドラマももっと面白く観られるのかな?
あんまりわかってなくても面白いから、
きっと更に「良くできたドラマだね!」って思うのかもね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010-03-22

『ハート・ロッカー』

「怖かったらどうしよう、痛かったらどうしよう?」
ってかなり心配しながら臨んだ『ハート・ロッカー』。
思いのほか淡々と終わっていった。

あぁ、戦地の人って病んじゃうんだね。
どの考え方が正しいのかよくわからないけど、
その人なりの正義のために活動してるんだよね。
自分の命と引き換えに爆弾処理しても、
現地の人に石を投げられたする。
イラク人だけど普通に生活したいと思う人が
テロに巻き込まれたりと、
堂々巡りでどうしようもない感じが悲しいよ。

帰宅した後に見たニュースでは、偶然にもアメリカ軍の話。
不景気だから、就職したい人が増えてるんだって。
安定しているし医療保険にも入れるから、
家族を扶養するには一番適しているんだそうだ。
これまでのニュースを見てるとアメリカの人って、
「国民皆保険は嫌だっ!」って言ってる印象が強い。
なのに、医療保険に入れるのが入隊の魅力の一つって・・・。

それに海兵隊の人! 新兵は平均19歳なんだって。
そんな子どもが、あの映画の世界よりも
きっともっと過酷な戦場に行く覚悟があるとは...。
自分が彼らの親だったら、
できることならそんな職業に就かせたくないなぁ。
・・・って(映画はともかく、)いろんなことを考えた。


にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-03-18

『シャーロック・ホームズ』

会社の福利厚生で、映画が\700引きっていうのがある。
なんでまた半端な\700なんだか。しかしされど\700。
映画の日やレディースデイは\300で観られる。 
しかしそれは6回までだし、劇場が大体決まってる。
でもって年度末までに使い切るという条件付。

だけどさ、2時間も座ってられる時間なんて
そうそう作れないんだよね・・・。
だから今回も4枚残っている。
勿体ないから使い切りたくて、
けんじくんと『シャーロック・ホームズ』を観に行った。

ハウス名作劇場みたいなの(?)でやっていたホームズは、
とってもお上品系だったよなぁ。
が!『ヴィドック』を思わせる不良的な態度、
『トランスポーター』の雰囲気を臭わせる
あの超タフッぷりとおもしろアクション、
『ユージュアル・サスペクツ』にあったような
「あ、それさっき映ってた!」みたいなあの感じ。
それらに随分楽しませてもらった。
普通の値段で観てもよかったよ、わたしは。
2人で\1000にのらない料金で相当楽しんだ。

映画は観るけれど役者さんに詳しくないし、
西洋人の顔の見分けがあんまり付かないわたしたち。
役者さんの名前と顔が一致するのはジュード・ロウだけsweat02
「あのワトソンのフィアンセの人、
 『スパニッシュ・アパートメント』の
 神経質なイギリスの女の子に似てるー」
・・・って思ったら本人だった。
そりゃあ似てるわ。

さて、残りの2枚は『ハート・ロッカー』に充てようかな。
怖かったらどうしよう?


にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-12-19

『崖の上のポニョ』

わたくし、ようやく『崖の上のポニョ 』を観ましたよ!
なんか非常に楽しいノリの展開だねぇ。
お母さんの肝っ玉ぶりがイケてた。
老人ホームのおばあちゃんたちとか
町の人のほんわかっぷりもいいねぇ。
ポニョのお母さんの馬鹿デカさとかも、
なんだか妙にツボにはまり
実によろしい気分。

終わった後例の歌を鼻歌っていたら、
「それ、あなたのオリジナルだよ」って
うちの母親に言われったっけ。
しばらくレクチャーを受け、再度挑戦。
「ポーニョ、ポーニョポニョ・・・?note」と挑戦するも、
「う~ん、ますます違っている」とのこと。
映画を観て、自分が音痴だということも発覚した。

さらに鼻歌し続けたら、
「まぁいいんじゃないの」ってお言葉をいただいた。
えぇと・・・教えてもらってなんだけど、
たぶんもう【わたしオリジナルバージョン】にも戻っていると思う。

にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-12-12

『2012』

久しぶりに映画を観てきた。
両親とうちのダンナくんとわたしで。
この面子で「観たいね!」って台詞が
揃うとは思いもよらなんだ。

ゴロンゴロンと倒れてくる建物、
バリバリ割れる地面、
オロオロする人間にダンナくんは
声に出して小さく笑う。
確かに地下鉄が飛び出した瞬間は、
「うわっ!出てきたよ!!」って意表をつかれて
わたしもケラケラ笑ってしまった。

みんなパニック状態なのに、
ときどき面白げな言動が入ってるのが
絶望的な状況を楽しくしてくれるよ。
わたしたちの共通の感想は、
ロシア人のパイロットこそ助けてあげたかったってこと。
他のやつらの何人かは死んでもいいけど、
あの人は頑張ったんじゃないか?・・・という(笑)

映画といえども世界のいろいろなことを
反映して作られているんだなぁって感じたよ。
任務の滞りない進行と犠牲を最小限におさえる為に
淡々とこなさなきゃならない立場もあるし、
弱者に優しい行動をとらなきゃならない立場もある。
実際はどれが正しいかは難しい。
そしてアメリカの大統領は黒人さんだし、
ドイツの首相は女性だし、
話の進展とその他のバランスもきっと考えられているんだね。


にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧