« 2011年1月 | トップページ | 2011年6月 »

2011-03-15

ギャー、戦時中?
はたまたオイルショック?

「家が便利になったーhappy01」と大喜びしたその日に、
まさかあんなに大きな地震が起こるとは・・・。
わたしが「絶対潰されて死ぬ!」と思ったり、
「道路ってヘビみたいにグニャグニャ動くのか」と
避難を諦めて呆然としていたときに、
東北の人はそんなことを考える間もなく
町ごと流されてしまったと知って驚愕した。
ホントにホントになんと言ったらよいものか。

それからもう5日目になる。
わたしたちの県も太平洋側は死者がでた。
津波でお家が全壊した人もいる。
でも少なくとも自分の市では、
なんとか屋根の下で生活ができる。
とってもありがたい。

なのに、生活品がないっ!なにこのガソリンスタンド渋滞っ!
流通業にいる彼に言わせると、こうだ。
①高速道路等幹線道路の通行止めにより、
  西からの荷物が東京止まり。
②なんとかここまで運んでも、ガソリン補給できない。
  だから東京で荷物を降ろしてしまう。
え、じゃあちょっと気長に構えて必要なところに燃料を渡せば、
供給量は少なくてもある程度品物は入るの?
欲しい消費者が、自ら物品不足を招いているのだね・・・。

そんなわけで、うちは騒ぎが引くまでガソリンを入れられない。
もちろん仕事でどうしても使うって人は仕方ない。
だけどたぶん全員が全員そうじゃないと思う。
どうどう、気持ちはわかるけどみんな落ち着け!

そうは言っても、生活品を調達しないわけにもいかない。
スーパーに行ってみたら、
「ここにこんなに人がいたとは」と思うほどの混雑っぷり。
いっぱい並んだけど、なんにも買えなかった。
まぁでも十分な量の食事を用意できなくても・・・、
今まで溜め込んだ脂肪がなんとかしてくれるだろう。
知らないけど、戦時中ってこういう感じなんだろうな。
被災地の人はもっと過酷な状況でずっと物資不足なのに、
わたしたちときたらこんなんでいいのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-03-11

さらば、15Aの生活よ(・∀・)/~~

たぶんこの家は、お年寄り用にリフォームされた。
和室ばかり、追い炊きなし、使い勝手の悪い収納、
極めつけは今時15Aの設定!
大して若くないけど、若い世代には不便といえば不便・・・。

でも立地は最高。
古い物件だけど、リフォームでキレイではある。
おかげで月々の支払いは安い。
浮いたお金で、面倒なところは直していけばいいや。

そういう感じで、今日はとうとうアンペア変更。
もうゴうハンを作るときに、作業手順を練りに練る必要はない。
炊飯しつつ暖房し、お風呂のお湯入れのスイッチを押しても大丈夫。
たぶんドライヤーとエアコンを同時に使える。
まだまだ油断はならないけど、なんとかなりそう。

というか、4年も15Aで頑張ってた自分を誉めたい。
どうも仕事をしてると、日程を組むのが面倒で放っておいた。
妊娠を機に時間が取れるようになり、
仕事で忙しい彼も暇を見つけては収納等を改造してくれる。

このお家がだんだん住みやすくなってきた。
最近二人でしみじみつぶやくこと。
「いやぁ、家になってきたねぇup
じゃあ今までここはなんだったのか?
とにもかくにも、ありがたや、ありがたや。
子どもができるって、大変なことも多いけどいいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-03-09

『ゴッド・ファーザー』

古い映画なのに何故か競争率が高くて、
観たいときに限って借りられない。
ライバルが多いらしい・・・。
だったら図書館で借りてやる!
無料だし、2週間借りられるし。

マフィアの抗争だから「怖いと嫌だなぁ」と倦厭していた。
でも「名作だから、観たほうがいいよ」と彼。
それに「血みどろのシーンはないから」とも言われた。
そしたら、ホントに怖い場面はうまいこと撮られている。
実際怖いんだろうけど、言葉だけだったり
見えないが想像できるような映像になってる。
なるほど、最近の映画に残虐シーンが多いってことか!

とっても深いお話だったよ。
マフィアのドンも大変なんだね。
関わってくる女性の気持ちも考えさせられる。

そして車や家具とかがカッコイイ。
ついでになんか長い。
眠気と闘う妊婦にはちょっと辛い長さ。
決して面白くないわけじゃないのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011-03-08

『ソーシャル・ネットワーク』

今更ながら、『ソーシャル・ネットワーク』を観に行ってきた。
公開から時間が経っているし、
休みの前の日でもないし、レディースデーでもないので
座席数も少なくてリクライニングのきく良いシートでゆったり。
ゆったりだけど、たった3人しかいなかった。
一人ぼっちになると、ちょっと怖い空間(笑)

実際のお話に、随所にフィクションを加えたこの映画。
どこが脚色部分がわからないけど、
「頭は悪くても、お金持ちじゃなくてもいいや・・・sweat02」と
単純なわたしは心から思う。

多分、普通が一番幸せだ。
だって経済的にもなんとか生きていけるし、
お友だちと楽しく過ごせる時間があるんだからさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年6月 »