« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009-07-30

『トンコ』 / 雀野日名子

いもうとが読んでいて、
「読むなら貸すよー。
 ちょっと????ってところもあるけど。」
―って言っていた。
それで、『トンコ』を読んでみたよ~。
だって書店で買おうとしたけど、
断念したお話だったんだもの。

表紙のかわいい感じに
「おぉ、これはheart04」って心ときめいたら、
角川ホラー文庫なのかぁ。
で、読んでみたら「ホラー?」とも思うけど、
よくよく考えてみたら怖い・・・悲しい・・・ので、
たぶんホラーなんだろう。

『ぞんび団地』がいもうとの言っていた「????」なのかな。
くちなし台の人たちは、なんでゾンビになったのか?
事故の所為だろうけど、
「亡くなる=火葬」の頭があると
ゾンビになる経緯がよくわからない。
けどそんなことはどうでもいいや。
いもうととも話してたけど、
こっくりさんの文章がカワイイから。

なにはともあれ、夏は読書の季節だね。
書店に並んでる他の本も読まなくちゃ!


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009-07-17

ディズニーランドで車椅子に乗る。

ビッグサンダー・マウンテンのラウンジの予約を
Mちゃんが取ってくれた。
本当はダンナさまと行く予定だったけれど、
お仕事になってしまったので急遽声がかかった。

ディズニーランドでショーを観て、
キャッキャ、キャッキャとはしゃいでいたのに、
トイレに入った途端片頭痛の発作がsign03
こうなると一瞬のうちに立てなくなる。
吐き気もくる。 過呼吸になって痺れがくる。
で、看護師さんを呼んでもらって
救護室で休むことになったんだ。

気づかなかったけど
アトラクションの出口で横になっていたから、
人が通らないようにしてくれたらしい。
友だちが戻ってくるのをチェックしてくれる人、
お荷物を持ってくれる人、
お世話をしてくれる人に道を作ってくれる人・・・、
なんだかたくさんの人にお世話になった。

おかげ様で常備の薬が効いて、
2時間もしたらスッカリよくなった。
一緒に行ったMちゃんやTさんにも
すごく迷惑をかけたのに、
嫌な顔ひとつ浮かべずに心配してくれた。
あぁ、みなさん・・・心からどうもありがとうございます。

その後、予約時間になってラウンジへ。
こんなところに入り口があったのかぁ!
中はミッキーとミニーとかのお人形があったよ。
15分くらい休憩してから、
普段キャストさんが立ってる正面の台の裏から
アトラクション内に入ってそのまま乗れたりする。

どうやらスポンサーさんごとに、そんなのがあるっぽい。
でもなくなっちゃったところもあるとかなんとか。
こういう福利厚生もいいもんだね。
でも、もちろん平日のみなんだって。
他の日はいっぱいお客さんがいるもんね。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-07-15

ネオフォビア・・・的?

【慣れていない新奇な刺激に触れたとき、
 それを避けようとすること。】
それがネオフォビア。
食べものでそんなことが起こったりするらしい。

わたしの場合は近所のバス。
コアなルートを走る、あんまり聞いたことがない会社のあのバス。
走っているのは知っているけれど、いちども使ったことがない。
ていうか、その路線に用がなかったから
使う必要すらなかった。

けれどバイト先の関係で、使うかも。
だから今日は下見だっ! 心配だからね。
そうしたらさ、2分過ぎてんのに来ないじゃんsign03
普段使う会社のバスだって、
ちょっと時間がズレることがあるのに
初めての会社だとこんなに不安になるなんて・・・。

あの場所に通うなら、
この新たにチャレンジする路線が断然便利で、
本数だって何倍も違うのに不安でたまらない。
30分前に着いちゃっても、
見慣れた会社のバスを使うべきか??
だって、遅刻するなら早い方がマシじゃんっcoldsweats02

働く前に来るか来ないかドキドキするなんて、
- とかいって、確かにバスは来るんだけど。-
そんな刺激は絶対避けたいような気がする。
あぁぁ、ネオフォビア的~。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-07-13

「やめてよ、そういうの・・・。」

扇風機もテレビも止めてお風呂に入った。
なのに、テレビはともかく扇風機が動いてた。
止めた気になってるって?
まぁそれはありえるけどさぁ・・・。
わたし一人だったから、首振りなんてセットしてない。
なのに今はむなしく動いてる。
涼しくていいけど、変なのー。

んっと、お風呂に入っているときに誰か来たんだっけ。
ピンポーンって音が鳴ったもん。
いつも彼はそうやって入ってくる。
だからてっきりヤツが来たんだと思っていたのに、いやしないし。
じゃぁ、きっとどこかに行ったんだな?

そうしたら、ピンポーンってまた鳴って、
「ただいま~note」って戻ってきた。
確認したら、今初めてここに来たと言う。
じゃあ、さっきは単にお客さんが来たんだね。
ん? でもさぁ、扇風機は誰がつけたの??

「それは俺じゃないよ。
 ・・・なんかいるんじゃん?」
ニヤニヤしながら、そんなことを言っている。
あぁ、前にも話したけどそういえば!
レンジが勝手に動いたりしたよー。

「ふーん、そうかぁ。 なにかいるのかもね。
 あたし、独りぼっちじゃないんだね~~~。」
そんなふうにポヤ~っと答えたら、
「やめてよ、そういうの・・・。
 俺、そーゆーの怖いんだから。」
・・・オイオイ、怖がらせようとしてきたんじゃないの?
自分が怖がっちゃうのっ?!

「俺さぁ、霊感あるんだからぁ。」
そういえば、見たことがあるって言ってたっけ。
でも、どーしてもヒトコト言ってやりたい。
「ここでなにも見ないんなら、
 なんにもいないってことじゃないの?」
それで言ってやった、わたし。

「そうだねぇ。 いないねぇ。」
わー、アッサリ!!
なんなの、この会話の展開は・・・。
わが家は平和だね。
世の中病んでるのに、
こんなに意味不明にのんびりと
時が過ぎてゆくんだからさ。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-07-11

献血。

前回の免許更新のとき、献血をしようとした。
でも血液検査でダメだったんだ。
しかも「献血は初めてですか?」との質問に
「数年前しました」と答えたけれど、
実は10年以上前だった。
いや、別にサバをよもうとしたわけでは・・・。
ただね、自分の中ではね・・・
そんなに昔のことじゃなかっただけなのさ。

そーゆーことを思い出しながら、
駅前の特設献血コーナーに行ってみたのよ。
たいして役にも立たないわたしでも、
きっと血ぐらいなら役に立つに違いない。
たまにはいいこともしないとね。

そしたらあっと言う間に終わったよ。
昔の記憶だと、寝られそうな長さだった気がしてたのに。
200mlってカップ1杯でしょ? 
結構な量のようにも感じるんだけどなぁ。
あの量ってそんなに短時間で終わるのか。
なんならもっとどうぞどうぞ!・・・みたいな。
でもわたしは400mlはできないんだって。
リーフレットを読んでみると、
本当は400mlの献血がありがたいみたいだよ。

習い事に行っていた彼と待ち合わせて帰るとき、
献血の話をしたら「最近してないなdown」とションボリしていた。
そうだった。 この人、献血好きなんだった。
男の人なら400mlの献血は余裕でしょう。
役に立つから、次のときには是非協力するといいよ。
しかし【献血好き】ってどういうことだろう?
チクチク刺されるのが好きってことなんだろうか??
いろんな好みの人がいるもんだね。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-07-10

こりゃうまい。

いもうとは、なにかが男前だ。
【おとこまえ】って読むよりも、
むしろ【おっとこまえ】って読むのがしっくりくる感じ。

なのに意外に女性らしい一面もあって、
ゴハン作りもお菓子作りも上手。
今日はキャラ弁も作ったらしい。

Obento

ね、リラックマのお弁当だよ~。
子どももいないのに、この手の尽くしよう。
わたしはこんなことできない。

自分に子どもができたら、
いもうとのところに弟子入りさせようと思う。
根性も付きそうだし、
家事もしっかり仕込んでもらえそう・・・。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

増えたっ!

徐々に葉っぱが増えているクワズイモ。
実家からお部屋に戻ったら、
新しい葉っぱが2枚、青々と茂っておりました。
出てくる前は「また増えそうだね」って感じだったのに。

まったくこの子はすごい生命力だね。
あんなにモリモリ育つとは。
なんか・・・そこら辺に植えたら、
グングン育って緑がイッパイになるんじゃん?
そんな勢い。

やっぱり大きな鉢が要りそうだなぁ。
窮屈だとかわいそうだもんね。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-07-04

うちの子。

去年の冬にやってきたポインセチアが、うちの第一子。
そこへ彼が新しい子たちを連れてきた。
「いいものを連れて帰ってきたよ。」
それはサトイモ科のクワズイモ。

Dscf0799

この前パセリの栽培を・・・パセリなのに!・・・ダメにしたsweat01
育てるより「食べてやる!」という意気込みに、
あの子は怯えたにに違いない。
とにかく、食用のものを育てようとした記憶が残っていたので、
「クワズイモ? いつか食べれるの??」と思った。
それを瞬時に察したのか、
「観葉植物だからねpaper」と言われたよ。
あぁ、そうか。
クワズイモだから、きっと食べない芋なんだろうね。

それはおいといて、この植物は楽しい。
形がハート型なのもいいけれど、反応があっていい。
鉢を回すといつの間にか光の方に葉が動いてる。
他の植物だって長い目で見ればそうだけど、
とにかくこの子はレスポンスが早い(気がする)。
すぐに水滴がついて床が濡れるから「????」って思ったけど、
それは元気な証なんだってさ。
鉢が小さいのが心配の種だけど、頑張って育てるぞ。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »