« くそぅ、見逃した・・・。 | トップページ | できたっ! »

2009-02-04

『流星の絆』 / 東野圭吾

ここ最近では本を読むのが
そんなに早くないわたしだけど、
流星の絆 』は2週間しないで読み終わった。

「あんまり平和すぎても退屈だし、
 『白夜行』や『ダイイング・アイ』みたいに
 ドロドロし過ぎてもどうなのよ?」
なーんて、勝手な主張をしてみたけど
今回のは最後にほんわか系(?)だった。

実際それでいいのかわからないけど、
あの兄弟的にはハッピーエンド・・・なのか。
あんまり悲しいことばっかり続いてもね、って思うし。
読み終わった後、いたたまれない気持ちがなかったな。

でもそのまま結婚したら、
ダンナさんともしかしたらお義父さんは納得しても
お義母さんとは微妙な溝ができるのでは?
女の気持ちってたぶんもっと複雑だよ。
本編と違うところが、気になったのでありましたとさ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

|

« くそぅ、見逃した・・・。 | トップページ | できたっ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156998/27775303

この記事へのトラックバック一覧です: 『流星の絆』 / 東野圭吾:

« くそぅ、見逃した・・・。 | トップページ | できたっ! »