« 彼はなにげに常連さん。 | トップページ | 完全にはりきりすぎ。 »

2008-09-08

とはいえ、
それは作ってないけどね。

大根を買ったら、2本大根を貰った。
だから実家に届けて使ってもらうことにしたの。
昨日母が「煮ようかしら。」と言うので、
それはいいね!というつもりで
「煮て、煮て!」って合いの手を入れたところ、
催促したのだと思われたわけ。
んでもって、うちの分まで煮てくれた。
それに今日はとっても忙しくて
帰りが遅くなっちゃったから非常に助かった。

家で煮物をふるまうと、彼はこう言った。
「あ! 大根煮たんだねっ。
 あれは○○さんがくれたんだよー。
 で、うちの奥さんはよく煮るんですよって言ったら、
 えっ、煮物できるの?言われたんだよ~。」
大根を煮ることができない人・・・だと思われてたの?

「ん、これ美味しいよ♪」とさらに続けた。
けれどもそれは、わたしの作品ではありません・・・。
言うか非常に迷ったけど、言ってみた。
「それはお母さんの作品です。 わたしのは明日だから。」
けれど特に問題にもならず、
気まずい素振りも全く見せずに
「アナタの煮物だって美味しいよ。」と言っていた。
そうか、それならその言葉のままを信じよう。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

|

« 彼はなにげに常連さん。 | トップページ | 完全にはりきりすぎ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156998/23606248

この記事へのトラックバック一覧です: とはいえ、
それは作ってないけどね。
:

« 彼はなにげに常連さん。 | トップページ | 完全にはりきりすぎ。 »