« にんじんにも「す」がΣ(゚Д゚; | トップページ | 展開図。 »

2008-04-15

「呼び名」の不思議。

会社では「ちゃん」付けで呼ばれていた。
でも、彼の同僚でありわたしの同期だったHくんには
ついぞ「ちゃん」と呼ばれることはなかった。
同期ではあったけど、すごく仲が良かったわけじゃない。
かといって不仲だったわけでもない。
だから、「呼び名」について深く考えたことがなかったなぁ。

「Hが○○ちゃん、最近どう?って言ってた」と
昨日彼が言ったとき、正直驚いた。
だって、初めての「ちゃん」付けだったから。
「Hくんじゃないんじゃないの?
 ○○ちゃんなんて呼ばないもん。」
驚きを込めてそう言ったら、
「えー?いつもそう呼んでるよ!」と答えた。

あれれ、いつも?? いつもそうなの?
面と向かって呼ばれなかったのは何故だろう?
きっと向こうの立場でも、
「仲良くないけど、悪くもないしなぁ。」という
呼び名に困る相手だったってことなのかな。

そういえば一緒に働いているみんなを「ちゃん」で呼ぶとき
最初は気恥ずかしく思ったような・・・。
「ちゃん付けじゃないとよそよそしいかな?
 あぁ、だけど馴れ馴れしいって思うかな?」って。
結局のところ、「ちゃん」で呼び合うとなんか親近感が出る。
それが許される職場なら、それでもいいかなーって思う。
別に世間話をして気が合った訳でもないのに、
おかげさまで昨日はHくんがぐっと身近な存在に感じた。
そしてその感じは今日も引き続いてる。

4月だから人間関係でドキドキしてる
新入社員さんたちってすごく多いんだろうなぁ。
きっと業務の他に、どの言葉を使おうかって迷ったりしてるかも。
会社って勤続年数が長くても、同い年とかってあるからね。
そういう迷いやとまどいも、すぐに思い出になっちゃう。
勤めてからの時間の流れは、早いもんだ。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

|

« にんじんにも「す」がΣ(゚Д゚; | トップページ | 展開図。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156998/20256265

この記事へのトラックバック一覧です: 「呼び名」の不思議。:

« にんじんにも「す」がΣ(゚Д゚; | トップページ | 展開図。 »