« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008-04-29

『サウス・バウンド』 / 奥田英朗

「国民、やめた!」だっけ?
映画の予告のインパクトがあるあの台詞は。
気になってはいたものの、
いつも通り観ず仕舞いに終わった。
でもさ、『空中ブランコ』の著者の作品だし、
GWなのに全く予定もないことだしさ、
サウス・バウンド』読んでみることにしたよ。

とっとと南の島に移住するものだと思っていたら、
半分過ぎた頃にやっとお引越し。
予想以上に長くて、勢いあるお話だった。
学生運動ってそもそも何を争っていたのか、
勉強不足でわからないけどまぁいいや。
例によって会話がウケる。

続けて読んだ奥田氏の本の登場人物って
どれも自由人~~~。
ちょっと羨ましくもあり、苦労しそうだ感もあり・・・。
現実離れしてるから、読んでて楽しいんだろうな。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-27

余裕で飛び越えられちゃうよ。

走り高跳びのステファン・ホルムさんと
ドナルド・トーマスさんの跳び方について、
テレビで取り上げられていた。

ハードルみたいな跳び方でも、
160cmのバーをピョンピョン跳んで行くホルム氏。
・・・わたしが歩いてても、
余裕で飛び越して行けるってことかぁ。

なんかいいことも言ってたな。
身長や身体能力的には
かなりハンデがあるらしいけど、
そんなことよりも「続けることが大切だ」
―みたいなそんなこと述べていた。
努力の人が言うと、重みがあるよ。

でもさ、180cm越えしてても
「小さい」という高跳びの世界ってsweat01
小さい日本人女性なんて、
あの人たちから見たら「お豆」みたいなものかも。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-25

食べちゃうの!?

「願いが叶うんなら、どうしたい?」って聞かれた。
だから、ちょっと考えて答えた。
「ドラえもんを組み立てる・・・発明する・・・?かな。」
そしたら「いいね、便利かも。」って。

Simonさんは「でも・・・。」と続けて
「自分ならアンパンマンを焼きたいな。」と
ニコニコしながら言っていた。
「だってアンパンは美味しいし。」
ん? 美味しい・・・??
アンパンマンを存在させるんじゃなくて
食べる方じゃないですかっ!

食べるなら普通のアンパンで良いのに(笑)
喋るアンパンなんて、
恐ろしくて食べられないよ ((( ;゚Д゚)))


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-24

火山活動。

「他人にも自分にも甘いほうがいいよ。
 そうしたら、ゆったり過ごせるんだから。」
これが、彼の主張だ。

確かにそうだよね~って納得してたけど
昨日と今日は・・・も゛ー黙ってられなかった。
習い事の4月分の月謝は払ったのに、
パソコンの画面で反映されないから参加できない。

違うコースにお金が入っているのでは?って
疑ってチョロっと調べたら、
わたしが頼んでないところに入金記録があった!
7日にお金を払ったでしょ、
しばらく待ち続けて18日にやっと問い合わせした。
でー。 気がついたら、今や24日。
来月の分の月謝も持って行かなきゃならない。
今月分ができてないのに、
5月の月謝を払うなんて絶対納得がいかないもん。
今日のわたしは活火山~。

スクールは「正規の手続きをした。」と言っていた。
紹介された電話番号にかけたら、
「それはスクールの問題です。
 スクールに電話してください。」って。
こちらのミスじゃないのに、
事情のよくわからないわたしに
なんでいっぱい電話をかけさせるのよ。
そう聞いてみたら、反撃された。
「そう言うなら、こちらのミスでもないんですけど。」と。

「一回死んじまえ!」とは言わないけど、
「半分ぐらい死んじまえっっ!!」だ。
サービス業として、その台詞はアリなわけ?
事務的問題だとしたら、ちょっと仕事が雑なんじゃないの?
そう思ったけど、確かにその人は悪くないし
人間誰しもミスをするものだし、
最後に謝ったっけどさ・・・。

今日になってよくよく話を聞いたらさ
一番最初はスクールの事務処理が間違ってて、
削除して新しい申請をしたけど
まだ業務が止まってるんだってさ。
そんな話、初耳なんですが・・・。
一回ミスりましたって、知らないんですけど。

きっとここの会社って、
連絡事項の確認とか伝達に問題があると思う。
忙しいからこそ、そういうのって大切だよ。
でもさ、人を相手にしながら事務をこなすって
すごく大変なことだよねぇ。
自分だったらパニック状態になるかも。
だからあんまり文句を言いたくないけど、
今回ばかりは主張してみた。
たまには言ってみないとね。
なんだかついでに、日ごろのストレスも解消した。
- ゴメンネ、電話を受けた人・・・。-

・・・今後月謝を払いに行くのが気が重いや。
「小うるさい人だ。 ヒソヒソ( ´)n (´д`)」って
行くたびになるのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-20

『空中ブランコ』 / 奥田英朗

『イン・ザ・プール』に引き続き、
空中ブランコ』を読んだ。
こちらもおもしろかったよ。

『空中ブランコ』の方が、
一つのお話が長かった気がする。
それでもあっという間に読めちゃう。
本は娯楽であってほしいから、
「こんなノリっていいなぁ。」って思う。

みんなそれぞれ苦労してるから、
自分にも悩みがあって
「うぎゃあぁぁ!」ってなっても
全然問題ないんだなぁと思うと、
多少気がラクになるってもんだ。
・・・小説だけどさ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-19

死ぬかと思った、
事故るかと思った。

先月のある雨の日に実家の車に乗ったら、
リアウインドーのワイパーだけが止まらなくなった。
晴れても元気に働いてくれてる。
張り切ってくれるのはいいけれど、
いい加減恥ずかしい・・・。

「お母さん、洗濯物でも干してみたら?
 ハンカチくらいならかわくかもよ・・・きっと。」
お慰めにそんなことを言ってみたけど、
母がガソリンスタンドで直してきた。

今日は母がニコニコしながら
「ねぇ、外からだと
 運転席のドアが開かないの。
 助手席側からドアを開けてよ。」
おかしなことに、中からは操作できる。
だから自分で入れないけど、
出ることはできるらしい。

そんな状態でお買い物に行った。
駐車券を取ろうと窓を少し開けたとき、
また変なことが起こった。
んっ? ドア自体突然開かなかったかっ??
その後閉まらない、ホントに閉まらない。
「やばい、ドアを押さえて!」
そう言って左に曲がろうとしたら、
遠心力でドアが開いた。

ひぇぇぇ! 
道路だったら、曲がった瞬間
うちの車のドアと誰かの車がぶつかるよ(((( ;゜Д゜)))
横に人がいたら大怪我だ。
それにシートベルトをしてなかったら、
運転手が放り出される・・・。

思いっきり焦ったけど、ちょっと考えて
ポツリと言ってみた。
「ねぇ、窓を閉めたらドアも閉まるかも。」
根拠はないけどそんな気がして試したら、
無事に閉まった。

そういうわけなので、
明日は車を買いに行くのだそうだ。
急遽買うものが車って・・・。
でも事故ったら困るし、ないと不便だもんね。


にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-18

『イン・ザ・プール』 / 奥田英朗

いもうとのおススメの『イン・ザ・プール』を読んだ。
怪しい精神科医の発言が変なんだけど、
それに対する患者さんの心の声が超ウケる~happy01
とっても面白い。
けど、ちゃんと「ふむふむ」と思うところがあることに
物書きの人ってすごいなぁと感心したりね。

「変な人」になるのはイヤだけど、
これくらい自由人だったら人生楽しそう・・・。
絶対そんな風には生きられないから、
本の中で疑似体験しかないでしょう。
早く2作目の『空中ブランコ』を読まねば。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-17

同級生に「こんにちは!」って
微妙に気恥ずかしい。

もう「おはよう♪」ではない時間に、ケンちゃんに出会った。
彼とは同じ町内に住んでいて、お互い両親を知っている。
おばさんやおじさんと立ち話だってする。
でもケンちゃんと挨拶するようになったのは、
ここ数年のことなんだよね。

なぜならば!
中学校のときケンちゃんの親友のTくんと
かなり尾を引く大喧嘩をして以来、
Tくんとは一切話していない。
ケンちゃんとTくんはいつも一緒にいるから、
自然に彼とも話さなくなった。

ところが間に挟まれたケンちゃんは、
5年位前の同窓会のときに
Tくんを引き連れそっと横に来るとこう言った。
「もうちゃんと挨拶しよう。 道で会ったときとかさ、ね?」
そうだよね、わたしもそう思う。
挨拶もしないって社会人としてどーなーのよ??
・・・って人格を疑いたくなるし。
折角歩み寄ってくれたんだから、
この機会を反故にするなんて勿体ない。

そういうわけで、挨拶をするようになった。
まぁ大抵は「おはよう」とか「こんばんは」とか。
でもさ、昨日は昼間だった。
とりあえず会釈だけして、ちょっと考えた。
「あれ? こんにちは!って恥ずかしい~wobbly
考えあぐねていると、彼はニコっと笑って
爽やかに「こんにちは!」と言った。
だから、わたしも真似。

近所の人に「こんにちは!」と言う機会は多い。
しかし同級生には滅多にない。
だって、学校で一番最初に会うときって
「おはよー!」だったじゃない??
要するに同級生には、言い慣れてない言葉。
初めて(じゃないんだけど)使う言葉って、
子どもの頃はドキドキしながら使ってた。
あの感覚が戻ってきて、新鮮な気分になったよ。
「こんにちは」も、もっと頻繁に使ってあげなきゃな。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-16

展開図。

「この立体の展開図を選べ」って問題、
いろんなところでよく見かける。
数学自体は苦手だけど、割と正解率がいい。
でも今回のは読めなかったね。

しかし今回のは立体じゃない。
おりがみを畳んで畳んで、
友だちのお誕生日の数字を切った。
「04」と「16」をチョキチョキと。
開いてみると、ステキな模様に変身!!
こんな形になるとは予想外。

それをバースデーカードに貼り付けたよ。
日にちになってるって、気づいてくれるかな。
ドキドキするなーheart04


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-15

「呼び名」の不思議。

会社では「ちゃん」付けで呼ばれていた。
でも、彼の同僚でありわたしの同期だったHくんには
ついぞ「ちゃん」と呼ばれることはなかった。
同期ではあったけど、すごく仲が良かったわけじゃない。
かといって不仲だったわけでもない。
だから、「呼び名」について深く考えたことがなかったなぁ。

「Hが○○ちゃん、最近どう?って言ってた」と
昨日彼が言ったとき、正直驚いた。
だって、初めての「ちゃん」付けだったから。
「Hくんじゃないんじゃないの?
 ○○ちゃんなんて呼ばないもん。」
驚きを込めてそう言ったら、
「えー?いつもそう呼んでるよ!」と答えた。

あれれ、いつも?? いつもそうなの?
面と向かって呼ばれなかったのは何故だろう?
きっと向こうの立場でも、
「仲良くないけど、悪くもないしなぁ。」という
呼び名に困る相手だったってことなのかな。

そういえば一緒に働いているみんなを「ちゃん」で呼ぶとき
最初は気恥ずかしく思ったような・・・。
「ちゃん付けじゃないとよそよそしいかな?
 あぁ、だけど馴れ馴れしいって思うかな?」って。
結局のところ、「ちゃん」で呼び合うとなんか親近感が出る。
それが許される職場なら、それでもいいかなーって思う。
別に世間話をして気が合った訳でもないのに、
おかげさまで昨日はHくんがぐっと身近な存在に感じた。
そしてその感じは今日も引き続いてる。

4月だから人間関係でドキドキしてる
新入社員さんたちってすごく多いんだろうなぁ。
きっと業務の他に、どの言葉を使おうかって迷ったりしてるかも。
会社って勤続年数が長くても、同い年とかってあるからね。
そういう迷いやとまどいも、すぐに思い出になっちゃう。
勤めてからの時間の流れは、早いもんだ。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-14

にんじんにも「す」がΣ(゚Д゚;

にんじんは大人の味がする。
ナマは全然大丈夫だけど、
火が通るとなんだか苦手なのさ。

けれどもお料理の色が寂しいとき、
にんじんのオレンジはかなり重要。
重要、なんだけどたくさん入れたくないの。
だって味に影響が出るんだもん。
だから3本入りとか2本入りとか、もう多すぎdown

今回は放っておいたら、
にんじんに「す」が入ってました~ (´・д・`)
きゅうりなんかだとよく聞くけど、にんじんまでも・・・。
次回はこうならないように気をつけねば。
それにしても、「にんじん料理」って思いつかない。
ナムルとか、きんぴらとか?


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-13

木之花茶館で読書。

いつもスタバとサンマルクで
お茶をしつつ本を読む。
少々人が多いのが気になるけど、
それはそれでいいんだ。
だけど今日は浮気して木之花茶館で。

正直入りにくいお店なので、初めて来ちゃった。
中はキレイだし、人が少ないし、静か!!
すっごい暗い空気の店員さんがいたけれど、
だからって雰囲気をちっとも損ねてないよ。
おぉ、ここなら集中して読書ができる感じ♪
予想外に広い店舗だから、
「出てって。」って言われる心配もなさそうだ。

よし、これから読書用のカフェはここに決めたshine
中国茶や紅茶を一つずつ試してみようかな。
いっぱいあったから、制覇にどれくらいかかるだろう?


にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-12

『ナルニア国物語
 第一章:ライオンと魔女』

今日は彼の実家に行くので、
「やったぁ、ゴハン作りはお休みだ!
 しかも美味しいものが食べられる~heart
・・・ということになる。
ならば、DVDでも観てのんびり過ごしちゃえ!!
- 人の家に上がるのに、こんなにポヘ~っとして良いものか?? -

んでー、観たかったのに「子どものでしょ?」って
反対されてついに映画館で観られなかった
ナルニア王国物語 ライオンと―』に決定。
『ロード・オブ・ザ・リング』に映像の感じが似てるけど、
汚らしくなくてよろしゅうございますし。

取りたてて「キャlovely」って気分はしないけど、
続きが出たら観ちゃうんだろうなぁ。
最後、アスランが魔女をやっつけちゃえばいいのに・・・。
覆いかぶさった後はどーしたのよ?
なーんて言ったら、お話が続かないか(笑)
そんなことを考えるあたり、ドキドキ感が足らない。

それにしても魔女が強い。
あんなのと喧嘩したら、殺られるね (((( ;゚д゚)))
それに二刀流だし・・・。
ステキな宮本武蔵みたいだったよ。


にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-11

『ダイイング・アイ』 / 東野圭吾

「また本を読んでるのっ??
 本をよく読む人ってさ、
 賢い気がするんだけど・・・。」って
ダイイング・アイ』を読み始めたわたしに
ちょっと考えながら彼が言った。
ええ、ええ、どうせ賢くないですよ。

でもね、このお話はちゃんと理解したんだ。
『ドニー・ダーコ』みたいに
イマイチ消化できなかった訳じゃないんだ!!
・・・確かに普段から本や映画で
「はて・・・????」ってなってることが多いけど。

まずね、最初に事故に遭ったときの
あの描写はとってもすごい。
生きたい気持ちが十分に伝わってくるし、
数年前に自転車を引っ掛けられた際の記憶が
もうアリアリと浮かんでくるわけよ。
- 死ぬほどの事故じゃなかったけどさ。-
んでもって、視線の力のこと。
「思いが残る」ことってある気がする。

そういうわけで、「ひぃぃぃ・・・。」ってなりながら読んだ。
主人公に対する誤解はたぶん解けたけど
そのまま平和に生きられるのか、
まだまだあの瞳による恐怖が続くのか、
非常に気になるねぇ。
余韻を残して終わったからなぁ、どのパターンだろう?
個人的には解放してほしくないけど。
根に持つタイプみたいだ、わたし。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-10

生きてる実感。

昨年の秋には紅葉がわが家へやってきた。
クリスマスにはポインセチアが。
先月はバジルを育てようと、自ら購入。
ほどなくして、Hさんから4つ葉のクローバーをもらった。

でもって、ついこの間彼が根三つ葉を持ってきた。
いくら「美味しいよ。」って言われても、わたしはグルメじゃない。
どんな風に調理したって、根っこは根っこなのだっsign03
そういうわけでバッサリ切って捨ててやったら、
「水耕栽培できるらしいよ・・・。」と根っこに未練タラタラ(笑)
そぉ? じゃあ、その子もわが子にしてあげる。

そうこうしてたら、ニューカマーなくせにもう芽が出てる。
ベランダの紅葉にもみどりの葉っぱがつき始めた。
ポインセチアはまだ全体的に「冬」を醸し出してるけれど、
バジルもクローバーもすくすくと育ってるよ。

少しずつ成長し続けるうちの子たちを見ると、
「もう春だね~、いよいよ始まるね~♪(←何が?)」って思う。
んでもって、「生きてます感」がするんだよね。
もちろん・・・わたし、死んじゃいないし。
そういう予定も今のところないけど、
やっぱり「生きてます!」って気分になるんだ。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-09

『ドニー・ダーコ』

「トリニダード・トバコ・・・だっけ・・・を観る?」
思わずそうやって言ったのに、何故か通じた。
観たかったのは『ドニー・ダーコ』だよ。

わたし、いっぱい見落としをした模様。
レビューや人様の解説を読むと
「なるほど~。そういえば。」って思う。
だから、そういうのはレビューを読んで
お勉強しようってことで。
んでもって、もう一度ササッと観てみないと!

さてさて、各場面ごとに面白いことがたくさん。
転校生の席の決め方とか
強烈なオバチャン先生の発言とか、
同級生たちとの会話とか。
ホントにそういうところが愉快happy01
あんまり暗く感じないのは、そういう所以かな。
でもやっぱり暗いんだけどさ。


にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-08

『コッペリア』 / 加納朋子

昔っから人形なんて好きじゃなくて、
ただひたすら「怖っっ!!」って思っていたから
コッペリア』は自分の中で異様な雰囲気を
かなり倍増させて読んだ。
人形に人が込めた思いや、
そこに自分をなぞらえる有様を見ると
やっぱりちょっと怖いような...。

実際どんな世界感か謎だけど、
「まゆらドール」は「かわいい」っていうよりも
どうやら「怖い」らしいという点で
わたしのイメージは結構いい線いってるはず。
実は何度か前のページに戻って読み返した。
初めはあんまり・・・でも半分過ぎてから読みやすくなった。
文章に相性ってあるよね。

だまされた後にちょっと考えてから、
「あぁ、そういうことか。」ってわかる感じだった。
これ、1回読みで展開を見抜いたらスゴイ。


にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008-04-07

携帯も便利なもんだね。

ワンセグが観られる携帯だけど、
「あんまり必要ないなぁ・・・。」って思っていた。
が っ ! 
ついにその機能にお世話になることに。

昨日は具合が悪くて、起きてられなかったよdown
でもさ、そーいうときに限って
観たくて仕方がないものがあったりする。
それは『サラリーマンNEO シーズン3』。
んでもって、恐る恐る携帯をいじってみた。

お昼にベローチェで、こっそり視聴。
ちゃんと撮れてるか・・・??
ほどなく映像が動き始めた。
おめでとう、わたし。

それにしても、生瀬さんはいい役者だ。
すし屋さんネタにジーンときつつも、失笑だよ。
いるいる、あんな女の子。


にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008-04-05

精神的にも物的欲求も。

葛西臨海公園でペンギンやお魚を見て、
こころが超癒された。
とりたててどこか病んでるわけでもないけれど、
ああいう所はとってもいいねぇ。
動物園にも行きたくなったよ。
できれば紫外線の少ない時期に。

おうちに帰ったら、PSPが一台増えていた。
彼がくじ引きで当ててきたらしい。
あ、わたし実はPSPを当てようとしてた。
物欲のある人ってなかなか当たらないけど、
そうじゃない人には簡単に当たったりするよね。
どちらにせよ、たなぼた的に所有者になった。
なんだかツイてるな。


にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-04

直せないんだ・・・(泣)

刺繍の入ったペッタンコ靴。
とっても気に入っていた。
でも右足のサイズが合わない。
よく躓いたり、脱げたりしてる。
日常、そういう荒い扱いに耐えてくれてた。

さっきひょんなことから、気がついてしまった。
つま先が擦れてきていることに。
今のうちなら助かるかも!
淡い期待と共に修理屋さんに持っていった。
だけど、つま先って修理できるところじゃないんだって。
かなりショックだdown

しっかり腿を上げて歩くしかない。
もう運動選手になったつもりで、軽快に腿上げだ。
お気に入りだから、穴があくまで履いてやる...。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-03

材木運んでるのと
変わらないからね・・・。

勤め人の心構えの本を読むと、
「お弁当をショッピングバッグに入れている
 女性を近頃よく見かけます。
 サブバッグとしての紙袋はやめましょう。
 ブランドのお店のものでも、所詮は紙袋なのです。」
・・・らしきことが書いてある。
でも、深く考えずにいたの。

そういうわけで、いつも丈夫そうな袋を
見繕っては使用してた。
今日もいつも通り。
ちょっと違うのは本も入れていたこと。
そしたら、往来で底が破けた! 
あぁ、なんてことでせう...。

本は木からできてるわけで、
2~3冊持ってたら木片と共に歩いてるのと同じだよ。
紙の袋じゃ、そりゃあ悲しいことが起こるさ。

とっても浅はかだったので、
急遽エコバッグを買うハメになった。
「この激小さいエコバックはなんの意味が?」って
毎度思っていたあのシリーズを購入。
だけどこのコンビニの小さい袋と同じくらいのバッグは
とっても活躍してくれた。

そういえば、買い物用のバッグは大きいから
コンビニには持って行ったことがなかったなぁ。
- ↑そんなにゴッツリ買い物しないからって。-
せっかくミニサイズを買ったわけだし、
今度からはコンビニにもエコバッグを
持って行くとするか。

あ! 今気がついたっsweat01sweat01
マナー本のいうところの
勤め人にふさわしいバッグではないや。
きっと「所詮はエコバッグです。」って
書かれて終わるんだ。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008-04-02

形あるもの。

最近、ごはんを作ると
「これ、おいしゅうございます。」って言ってもらえる。
前はリクエストなんてされなかったのに、
「ねぇ、ナムル作ってよ。」とか
「お豆を煮たのが食べたいなー。」って言ってくれる。
目に見えなくて、ちょっとしたことなんだけど
とってもとっても嬉しく感じる。
プレゼントをもらうよりも、ずっと嬉しいし。

今日は洗いものの最中に、
ワイングラスとティーポットを割っちゃった。
よくよく考えれば、それなりに仕事をしてる証拠でもある。
働いてなければ割ることなんてないからね。
「モノはいずれ壊れるんだから。
 必要だったら新しくそろえればいいよ。
 それより、怪我しないでよ。 気をつけて。」
そうやって彼に声をかけられた。

そう、モノはいつか壊れるんだ。
でも人の気持ちは目に見えては壊れない。
親切心や思いやりを軽んじて、
人の心を壊さぬように心がけねば。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-04-01

気にするところ。

イースターの羊型のケーキに、
お香の匂いをつけて食べるということを
レッスン記録につけておいた。
そこにコメントをつけてくれた香港在住の方が、
今まで気にも留めなかったことを気づかせてくれた。

ヨーロッパの人は「香り」を気にして、
日本人は「色」を気にする。
香港の人は「味」を気にするけど、
「香り」や「色」には頓着しないようだ。

なるほど、わたしたちって結構「色」に反応する。
アメリカのケーキを見て、
「あの色、ヤバイよ! なんでそんな色っ?」
そんな感じに思うことがいっぱいあるもん。

中国茶はいろいろあれど、「味」の違いが多くて
ヨーロッパみたいに何でもかんでも
「フレーバーティー」じゃないもんね・・・。

人から考えを聞くと「そうだよなぁ。」って
思うことがあるもんだね。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »