« 世の中ってそんなもん? | トップページ | 食べもので対抗 p(`O´)q »

2008-03-16

『憑神』

ケラケラと笑えるものだと期待して、憑神を見た。
西田敏行さんの怪しいっぷりや
佐々木倉之介さんの道楽者っぷりでしょ、
佐藤隆太くんのへっぽこっぷりなんかは良かったのに、
あれれ? そういう展開?

彦四郎さんが超できた人間過ぎて、思っていたのと違った。
貧乏神・疫病神・死神も優し過ぎ??
だからって、貧乏で大病して
最後は死にましたっていう展開を望んでいたわけでもない。
「じゃあ、どういう話が良かったの?」って聞かれたら
よくわかんないんだけど・・・(笑)

できればもっとドタバタしてほしかったなぁ。
彦四郎さんがもうちょっとぽーっとしてたらなぁ。
惜しいなぁ。


にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 世の中ってそんなもん? | トップページ | 食べもので対抗 p(`O´)q »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156998/11401881

この記事へのトラックバック一覧です: 『憑神』:

« 世の中ってそんなもん? | トップページ | 食べもので対抗 p(`O´)q »