« 『スーパーナチュラル
      シーズン2』
| トップページ | うっかりんぐ。 »

2008-03-12

『ジャッカルの日』

『スパナチュ』を観た後、
続けて『ジャッカルの日』を鑑賞。
ド・ゴール暗殺を目指して
頑張る(?)殺し屋のお話だった。
古~い映画で、他のDVDの予告もないまま始まり
音楽すら流れない中でゆったり展開。

中盤より前はゆったりし過ぎて、実は数分寝た・・・。
だけど、伏線を過ぎたら面白い。
後になって、「あ、あれは最初の方で!」とか
「先を見越した行動だったのか。」とか感心するよ。
『ユージュアル・サスペクツ』ほどでもないけれど、
同じようにいろいろ散りばめられてて
最終的には「おぉ、これを選んで正解だった。」って思った。

何事も小さなことからコツコツと
地味であっても真面目に取り組まないとな~って
殺し屋から学んだ気がする。
悪者のおかげで、物事に取り組む姿勢を
見直す機会を得た。
- けど、きっとすぐ怠けるんだよね。-

非常にサラッとした終わり方をするので、
呆気に取られる?意表を突かれる?
そんな気分。
サラッとし過ぎかも。


にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 『スーパーナチュラル
      シーズン2』
| トップページ | うっかりんぐ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156998/11217901

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジャッカルの日』:

« 『スーパーナチュラル
      シーズン2』
| トップページ | うっかりんぐ。 »