« 嗚呼、勘違い。 | トップページ | 夢うつつ。 »

2008-02-02

類友。

「ん? なんだこれは?」という台詞とともに
彼の鞄からいつぞやのボーナスが
全く手をつけない状態で出てきた。
- 普通ボーナスってのは待ち望んで、
    使うなり貯金したりするのでは?-

ついでに更に別の使いかけのボーナスまで。
実は、前にも数回そんなことがあって
まるで宝探しのようなドキドキ体験をした。

わたしはというと、要らない辞書に
余ったお札を挟む癖があった。
学生時代は古語辞典が貯金箱。
でも挟んだことはすぐ忘れるらしい。
あと銀行の袋に入ったままの
余ったお給料が放置されてたりね。
掃除の度に発見して、嬉しい気分になってた。
今はよく使う辞書しか手元にないし、
英語系・国語系は電子辞書で済む。
職探しの最中だから、サラリーもない。
よって、そういう嬉しいことはもうないけれど。

・・・そんなわけで、「類は友を呼ぶ」とは
よく言ったもんだなぁって思う。
自分が隠したくせに、もしくは放置したくせに
忘れた頃に発見すると、
喜びが大きいのは何故だろう(笑)
すっごい得した気分になるんだよねー。


にほんブログ村 その他日記ブログへ

|

« 嗚呼、勘違い。 | トップページ | 夢うつつ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156998/10219890

この記事へのトラックバック一覧です: 類友。:

« 嗚呼、勘違い。 | トップページ | 夢うつつ。 »