« 魚屋さん。 | トップページ | 運を使い切った感テンコ盛り。 »

2008-01-23

『ダーウィンの悪夢』

この前観たアル・ゴアさんの映画が始まる前、
いろんな映画の予告のところで見つけた
この『ダーウィンの悪夢』。
環境問題っていうより、環境に始まって
社会全体を考えるドキュメンタリーだった。

誰かが放流したナイルパーチ
ビクトリア湖の生態系を壊して大繁殖。

しかしそれがヨーロッパに売れるとわかり、
大きな工場ができた。

空輸の際、タンザニアからは魚が運ばれ、
ヨーロッパからは武器が入ってくる。

内戦や戦争を助長してる。
それにヨーロッパからの飛行士は
現地の女性を買ったりもしてる。

あれれれ、このアフリカの状況を利用して
ヨーロピアンはお金儲けに走ってる。
かなり『ナイロビの蜂』を彷彿とさせる。
しかもあるアフリカ人は言う。
「息子は軍隊に入るといいよ。」
軍隊はお給料がいいからね。
戦争を待ちわびてる人が多いんだって。

更にエイズ問題まで。
ダンナさんがエイズで死亡。

奥さんがビクトリア湖周辺で売春を始める。

エイズが広まっていく。

湖の周りには孤児が増え、治安も悪くなる。

親に「なんとか一人で生きてくれ。」と言われたり、
お鍋のゴハンをめぐって殴りあう子どもたちや、
売春相手の外国人に殺されたり。
・・・とまあ、生態系の破壊が治安を悪くしたり
貧困問題まで引き起こしてる。
全てのことが悪循環の輪の中に。

日ごろ、「これはあんまりよくないかも。」と思っても
それが他にどんな影響を及ぼすか
あまり考えないまま行動することが多い。
でも最終的にはみんなつながっていくんだよね...。
一つの事柄についてよく考えなきゃダメだなぁ。


にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 魚屋さん。 | トップページ | 運を使い切った感テンコ盛り。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156998/10036311

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダーウィンの悪夢』:

« 魚屋さん。 | トップページ | 運を使い切った感テンコ盛り。 »