« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008-01-31

『<性>と日本語
 ―ことばがつくる男と女』
/中村桃子

「またまたぁ、エロい本を読んで~(・∀・)」
・・・って彼に言われたけれど、
いまだかつてそんな本を読んだこともないし
そもそも日本語の本だし、
一体なんてことを言ってくれるんだっ!

これは日本語とジェンダーについて書かれた本。
「最近の日本語は乱れている」と言うけれど、
本当に乱れているのだろうか?
なぜ女性の話す言葉に焦点が当てられるのか?
そういうことを考える本なの。


?読んでみる?


個人的には、翻訳に見受けられるような
「優劣関係」を表現している日本語に
とっても興味を持った。
登場人物が使う話し方で、
その人物がどんな身分なのかがイメージできる。
なんとも思っていなかったけど、
「区別」を示す言語資源としての日本語が
すごく影響を与えているんだなぁ・・・と。

『スラムダンク』や馴染みのある雑誌が
資料になっていたりするから、
あんまり堅苦しい感じもしなかったなぁ。
「あぁ、なるほどね!」って思えることが多かった。
面白い本だったよ。


にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-30

書くこと。

短大の演習で、思ったこと・感じたことを言葉にして
その都度「どうしてそう思ったのか?」と
理由付けをしていくものがあった。
ときには、それを紙に書き出したりする。
そうすると、なんだかスッキリするし対処法が見えてくる。

状況は変わって、ドイツ語の練習。
普段なんとなく読解しているけど、
作文をしてみると結構間違いが見つかる。
パソコンで文章を打つと、
どういうわけか間違い発見率が
下がったりすることもしばしば。
- それはわたしだけなんだろうか? -
今日は友人宛の小包に添えるお手紙を
敢て手書きにしたら、間違いだらけ~!!

そんなわけで、たまには手書きしてみるって
いいことだなーって思った。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-29

火力とモノグサさの問題。

洗い物の手間を減らしたくて
フライパンで魚を焼こうとしたら、
クッキングペーパーに引火して火柱が立った。
リフォームしたてのこのお部屋を
丸焦げにしたら絶対怒られるっ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
つーか、死んじゃうよぉ!!!
・・・っていう、怖い思いをした。

それ以来、焼き魚は極力避けていたの。
でもカオリちゃんもフライパン+ペーパーで
お魚を焼いていると知って、再びやる気を取り戻した。
家事歴の長い彼女に、一応確認してみる。
わたしの何が間違っていたのかを。

まず、火力の問題。
よくフライパンをよく熱してから、弱火でじっくり焼く。
あぁ、温めた後は中火で焼いてたかも。
そしてクッキングペーパーの問題。
フライパンの大きさ位に切ってあるけど、
わたしは四角のままだった。
だから余った部分に引火したのね・・・。
フライパンの直径に揃えるとか、
角を丸くするとかそんなことは思いつかなかった。

要するにお料理が嫌いな人は、
モノグサであるがために失敗する。
おまけに火力のことなんて気にもとめてなかったし。
そんなわけで、アドバイス通り焼いてみたら
今回はいい感じに焼けたよ...。
火力が弱いから油はねもほとんどなくて
コンロがキレイなままだし。

お礼を言ったら、
「やぁだ、ただの手抜き家事だもん~(笑)」って言ってた。
いや、それって大事なことだよ。
それに手抜きが出来るってことは、
基礎がわかっててどこを省略できるか
ちゃんと把握してるってことだから、
素晴らしいことなんだ・・・って思ってるんだけど。
わたしも頑張ろう。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-28

賭けにでる。

香辛料が苦手なタイプだ。
以前マハラジャで香辛料にやられて、
「これを食べるとスッキリしますよ。」って
お店の人に渡された更に別の香辛料。
それで歩けないほどのダメージを受けた。
そんな経験から、あのお店に近づけなくなった。

だけどNさんが数ヶ月前に言っていたの。
「マハラジャのランチバイキングは、
 安いのに結構美味しいと思うんだ。」
んでー、香○氏とお昼に行ってきちゃった。
あぁ、香辛料に殺されるかも~と思いつつ。

4種類のカレーと、日替わりナン。
本日はかぼちゃのナンだったらしい。
ナンは好き。 かぼちゃも大好き。
そんな訳で、勇気を出してとうとう入ってみた。
998円というなんともキリの悪い金額だけど、
まぁバイキングだしいいか。
- インドカレー屋さんの割りには、安いのだろうと思われる。-

意外にも、香辛料の味は大丈夫だった。
十数年という月日は、わたしを大人にしていたねぇ。
この頃アジアのお料理を食べる機会が増えたから、
独特の味にも身体が慣れたのだろうか・・・?


にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-27

にこやかな試験。

独検の面接があった。
こんなに緊張したことがないってくらい、
最初は心臓がドキドキしてたんだよね。
でもそれが変わる出来事があった。
わたしと近い順番の金髪の外国人男性は
面接が終わると爽やかな笑顔で誰かに話しかけた。
たぶん偶然目が合った人にっぽい。

「ドイツ語、数十年使っていないから
 ちょっと不安だなぁ~~~~~~。」
とか、そんな感じのことを述べていたよ。
そしたら誰かが返事をした。
「まぁ (*^ー^*) お疲れさまでした。」
その場にいたほかの受験者も、思わずニッコリ。
マイペースな外国の人、
こんな状況でもどーんと構えてる。
そんなわけで、今まで受けたどんな試験よりも
和やかなものになった。

前に受けたオーストリア政府認定の試験も、
独検や他の検定試験との雰囲気が全然違ってたなぁ。
筆記のときも問題の指示文の意味がわからなかったら、
質問してよくて、しかもその時間を止めてくれた。
口頭の試験も超和やかでむしろ楽しい雰囲気だった。
言葉の試験だっていうのもあるけれど、
「資格試験」の感覚が日本と違うのかな?
それとも単に和・洋の感覚の差なのかな?

それはおいといて、今回は和みすぎて
ろくな受け答えが出来なかった気がする。
受かるのかなぁ・・・。 微妙~~。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-26

日本人の常識検定

けんてーごっこの検定に挑戦!!
日本人の常識検定』を選んでみたよ。
いちおう合格したけど、1個間違えた。
六曜(六輝)なんて、よくわからないしさ。
まぁこれをきっかけに調べたから、
お遊びだったけど役に立つよなー。

そういえば、高校・短大時代。
友だちの何人かがホテルのバイトをしていた。
そうすると結婚式の関係から、
六曜に詳しくなっちゃうのね~(笑)
遊ぶ予定を立てようとすると、
「あ、この日は大安だから無理そう!」とか
「先負かぁ・・・、午前中しか空けられないかも。」って。

そう考えると、バイトも役に立つもんだ。
その分野について詳しくなるし、技能もつく。
ちなみにわたしがバイトで身につけて
「おぉっ、これは!」って思った技能(?)は、
100gがどれくらいか大体わかること。
お肉屋さんで働いてたときに、習得した。

だけどその事柄から離れると、
悲しいかなできなくなるんだよね...。
毎日料理をするようになった今こそ
それを発揮したいのに、
対面のお肉屋さんで買うときは
「○○gってどんなもんですかね?」って
確認しないと買いすぎたりすることも。

勉強も技能も、運動と同じ。
毎日やっていないと、感覚が鈍る (ToT)


にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-25

「美味しく焼いてね!」

今日も例の魚屋さんをチェックしに行った。
最近の割には太刀魚が安かったので、
即座に購入してみたり。
おうちで食べたことがないけれど、
あのキラキラっぷりが気になっていたから
実は秋ごろにコウ・ケンテツ氏のレシピを
チェックしてあったんだよね~。

そんなわけで、ついに嘆願したんだ。
「下ろしてください。」と!
初めての体験で戸惑った(?)けど、
何分割するのかも聞いてくれるんだね。
不意打ちされたから、オロオロしちゃったよ。
人数にもよるし、お料理によって切り方が違うもんね...。

最後に「美味しく焼いてね!」って言われた。
今晩は大根と煮るから焼かないけど、
「はいっ ( ゚д゚)ノ ありがとうございました!」
・・・ってな具合に家に戻ってきた。

一軒構えの魚屋さんって、この近辺じゃ貴重。
一声かけてくれるし、スーパーよりいい感じだなぁ。
生きてるすっぽんも売ってたし。
- ↑これはスーパーか一軒構えかには関係ないか。-
危ないから手を出したら駄目だって書いてあったよ。


にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-24

運を使い切った感テンコ盛り。

先週ちょっとよさ気な求人を見つけた。
今朝そこの応募状況を調べてもらうと、
学生時代の就活ほどの倍率じゃないけれど
それでも結構な人数が定員一人を競ってる。
わたしにとっていい求人っていうのは、
他人にとっても「いい」ものだ。
次は気になった段階で紹介状をもらおう。

…と、思ったら。
担当のH根さんが電話をかけている!!
受け答えの感じから、
もう書類選考を始めてるみたい。
あー、縁がなかったね。
でもいいや、次に進め! 次にっ!!

そんなわけで既に新たな道しか
頭にないわたしを余所に、
H根さんは交渉モード全開でありました。
その結果、わたしの書類を待ってくれるという。

そして最後にH根さんに言われた。
「こういうのって運だからね!
 今の段階からツイてるよ~♪」
うん、確かにツイてるけどけどさ。
その会社分のわたしの運は
全て...ここで使い切ったのでは?

そう口にしそうになったけど、
慌てて言葉を飲み込んだ。
親切にも交渉してくれたんだし。
どうもありがとう。
出来るかぎり頑張るよ、H根さん。
だけど期待しないでね(笑)


にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-23

『ダーウィンの悪夢』

この前観たアル・ゴアさんの映画が始まる前、
いろんな映画の予告のところで見つけた
この『ダーウィンの悪夢』。
環境問題っていうより、環境に始まって
社会全体を考えるドキュメンタリーだった。

誰かが放流したナイルパーチ
ビクトリア湖の生態系を壊して大繁殖。

しかしそれがヨーロッパに売れるとわかり、
大きな工場ができた。

空輸の際、タンザニアからは魚が運ばれ、
ヨーロッパからは武器が入ってくる。

内戦や戦争を助長してる。
それにヨーロッパからの飛行士は
現地の女性を買ったりもしてる。

あれれれ、このアフリカの状況を利用して
ヨーロピアンはお金儲けに走ってる。
かなり『ナイロビの蜂』を彷彿とさせる。
しかもあるアフリカ人は言う。
「息子は軍隊に入るといいよ。」
軍隊はお給料がいいからね。
戦争を待ちわびてる人が多いんだって。

更にエイズ問題まで。
ダンナさんがエイズで死亡。

奥さんがビクトリア湖周辺で売春を始める。

エイズが広まっていく。

湖の周りには孤児が増え、治安も悪くなる。

親に「なんとか一人で生きてくれ。」と言われたり、
お鍋のゴハンをめぐって殴りあう子どもたちや、
売春相手の外国人に殺されたり。
・・・とまあ、生態系の破壊が治安を悪くしたり
貧困問題まで引き起こしてる。
全てのことが悪循環の輪の中に。

日ごろ、「これはあんまりよくないかも。」と思っても
それが他にどんな影響を及ぼすか
あまり考えないまま行動することが多い。
でも最終的にはみんなつながっていくんだよね...。
一つの事柄についてよく考えなきゃダメだなぁ。


にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-22

魚屋さん。

イカは下ろせても、実はお魚が下ろせない。
だから来月、お魚の講習会に行く予定なの。
けれど、それまでお魚を食べないわけにもいかないし・・・。
そんなわけで「お魚を下ろしてください。」って、
気軽に頼めそうなお魚屋さんやお魚コーナーを探していた。
- どこのお店にも「気軽にどうぞ。」って書いてあるけど、
 忙しそうだし声をかけにくいことのほうが多いんだよね。-

そうしたら、彼がとあるお魚屋さんを薦めてきたよ。
そこのお店で働いてる人はたぶん若い。
まるでコックさんのような格好をしていて、
洋楽が流れたりなんかしてるんだよね。
これまでのお魚屋さんのイメージを見事に変えている。
- ↑あくまでも、彼とわたしの感想だけど。-
そして元気いっぱい。

今日はお魚を食べる日なので、
「真いわしがあったら買うんだ!」と意気込んだ。
でも、そういうときって目当てのものがなかったり(涙)
まぁ折角来たし、お店を覗いていて帰るとするか。

その矢先、「お魚、下ろすよ~。 言ってね!」って話しかけられた。
わー! お魚を下ろせないことがバレたよ!!
ちょっと恥ずかしかったけど、
予想通りここなら気軽に頼めそうな気分。
きっとお魚に関する変なことを聞いても、平気・・・そう?
次のお魚の日もあそこへ行ってみよう。


にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-21

『女王エリザベスと
 寵臣ウォルター・ローリー 上・下』
 /ローズマリ・サトクリフ

英語にトラウマがあるもので、
英語を話す国に全く興味がなかった。
でも必要だから勉強しなきゃなぁって思って、
ほんのほんのちょっとずつ本を読んだり・・・。
けれどもそんな努力もむなしいもの。
やはり興味がないものには身が入らない(涙)

でもね、『イギリス日記☆マンガでつらつら』を読んでたら
ちょっとイギリスに興味が出てきた。
そんな折、偶然この本を見つけたわけさ。
それに歴史は好きな科目だし、丁度いいや♪
歴史の本だと思って読み始めたら、
普通に小説だったのは失敗だったけど
まぁそれはそれでいいや。

スペインが外洋で大きな力を持っていた時代、
エリザベス女王の下でイギリスが
華やかだった時代がこのお話の舞台。
大きな目標を達成するって、いつの時代も大変。
女王に気に入られても、自ら探検に行かせてもらえなかったり。
嫌われれば仕事がなくなるし。
そういうダンナさんを支え続けた奥さんの気持ちが
この小説にはすごーく出ている。
こりゃ相当苦労しただろうなぁ。


?読んでみる?


ちなみにロバート・セシルって出てくると
『レミーのおいしいレストラン』の評論家のおじさんが
パッと頭に浮かぶんだよね。。
なぜだかわからないけど、あんなイメージ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-20

溢れる食べもの。

彼と彼の仕事仲間とその友人に連れられて、
六本木の中国茶房8へ行ってきた。
そもそもわたしは激しく人見知りなので、
知らない人の輪の中には
なかなか入っていけないタイプ。
だけど、だけど、だけどっ!
ここの食べものは美味しい(その上安い!!)ので、
ぜひとも行きたいってことでなんとなく参加。

あそこのお料理、結構な量があるのに、
知っていながらもなぜか注文し続ける彼ら。
最後にはテーブルに乗らなくなった(笑)
- 新しいのがくるたびに、冷めた料理はパックしてもらったよ。-
まるで村のお祭り(?)のような、テーブルだったねぇ。

それからー、散々食べたはずなのにJpur:へ。
おぉ、ここは前から気になっていた個室焼肉屋さん!
何かのお肉(←お腹いっぱい過ぎて判別不可能。)を一切れ頂いた。
精一杯頑張って食べた一切れは超美味しかった。
きっと他のものも美味しいはずだ・・・・・・って思う。
焼肉屋さんなのに、カラオケと飲み物に終始したあたり
すごい集団だったと思う...。


にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-17

肉じゃが・・・みたいな、
ラーメンっぽい食べもの。

実をいうと肉じゃがは好きじゃない。
でも「嫌い、嫌い!」と言って、
食べないなんていうのはいけないこと。

そういうわけなので・・・、
「嫌いなものだからこそ、
 意識して食べなくてはならない!」という
結論になんとな~く至ったわけですよ。
あんまり好きじゃないものを作り続けて、早くも半年。
それでもそれなりにまともな味になってきた。
なのに、とうとう失敗しちゃったねぇ(涙)

本日は職安に生きつつ、お出かけをした。
その結果、時間に追われて
焦っている状態でお料理を始めたの。
今まで肉じゃがの作り方に興味すらなかったから、
「こんな味だったよね?」的に準備。
そうしたら、どういうわけかしらたきを切り忘れてた。
- ↑考え事をしてると、どこかでヘマをするタイプ。-
おかげで麺類状態になってるし・・・( ゚Д゚)

困ったのでこう思うことにした。
「夜は炭水化物を摂らないことにしてるから・・・、
 ラーメンに見立てたことにしてしまおうっ!!!」
・・・となると、これ(=当初肉じゃがになるはずだったもの)
あくまでもスープではくてはならない。
じゃあ、砂糖は控えめに、んでもって・・・。
なーんて裏工作している間に、彼が帰ってきた。

「はいっ、今日は肉じゃが風の・・・、
 麺類っぽい和風なスープです!!
 ほらっ、しらたきを麺に見立ててみたよ。」
明らかに変だけど、あの人はわたしの頑張り(?)に
ほとんど苦情をもらしたことはない。
今回もなにも言われなかった。

心苦しくて、自ら失敗を報告したけれど、
「まぁ、これはこれで美味しいよ。」と述べた。
それからアドバイスも頂戴いたしましたね。
「自分が好きで、食べたいものを
 たまには作ってみたらいいんじゃない?」
なるほど、好きなものだったら
失敗も少ないかもしれない、かもしれない??

それにしてもー、
最近はお料理のレベルが(自分的には)
そこそこあがってきたところだったから
今回の失敗はかなりショックだ。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-16

夜中にケタケタ笑う家。

食べものや家電が欲しいとき
「○○が必要だなー。」って彼に言うと、
不思議なコネクションでいつの間にか調達してきてくれる。
「買う前に言いなよ。」と言われてるから、
一応いろいろつぶやいてみる感じ。
今回はさすがにこれは問題外だろうと思いつつ
「『のだめカンタービレ』が読みたい!」って言っておいたら、
昨日は1~6巻が届いてた。
- 年末の『のだめ--』を観て以来、あいつは気になっていたに違いない。-

会社の同僚(男性)が持ってて、借りてきてくれたそうだ。
「絶対汚すな!」という、指令も出てるんだって。
そして驚くべきことに、同じ課の人たちも
まわし読みしているのだそうだ。
- 30代、40代のおじちゃんたちが何をしてる?(笑) -

で、昨日から読んでるんだけど静かに読めず
二人揃って声に出して笑う始末。
一緒の巻を見るわけじゃないから、
会話もせず端と端に座ってマイワールドに入ってる。
今日は7巻以降を借りてきてくれると報告があった。
きっと今晩もお風呂から出たら、
それぞれケタケタ笑って過ごすのでしょうな。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-15

アウトドア用品ってすごい。

寒さ対策をしたいけど
荷物が多くなるのも嫌だな。
北国へ行くんだから、
防寒具は本場である現地で調達か?
いやいや、そんな時間はあるだろうか??

そんなふうに、旅行直前にウダウダつぶやいてた。
それを聞いたけんじくんは、
「ちょっと連れて行きたいところがある。」と
わたしをお買い物に誘ってきた。

アウトドアな彼は、わたしを連れて
とりあえず一番近所の mont・bell へ。
そこのジオラインっていうアンダーウェアが
おそらく優秀であろうというのである。
ババシャツを買うより数段高いので、かなり迷った。
だけど乾くのも早いらしいし丈夫そうなので、
えいやっ!と購入してきた。

でね、旅行も無事済んだし
昨日あたりから超寒い日本において
このジオラインが大活躍!!!
わたしが妙に寒さに強いせいもあるけれど、
この冷たい気温の中にして
Tシャツタイプのアンダーとセーターで生きてゆける・・・。
しかも省エネ設定の空調でもなんとかなる。
アウトドア用品、すごーい ヽ(´ー`)ノ

おススメは、5本指な上に
すばらしく圧力の効いた靴下。
あれ、もう2~3足欲しいね。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-14

『不都合な真実』

ついに『不都合な真実』を観た。
ずぅぅっと観たくて観たくて仕方なかったけど、
TSUTAYA でも GEO でも貸し出し中だったよ。
でもやっと借りられた!!

これは有名な環境問題のドキュメンタリー映画。
わざわざ内容を書くまでもない。
地球の未来を心配しながら(?)、
暖房の変わりに毛布に包まって
不要な電気を消しつつ鑑賞しましたとさ。

あるテレビを観た母説によると、
「地球は氷河期と温暖な時期を繰り返して
 長い歴史を歩んできた。
 だから、現在の変化だってその一環。
 過剰に心配することはない。」
・・・ということだったそうだ。

繰り返し、繰り返しってことは
この頃の異常な暖かさはホントに心配。
この後超強力な氷河期が来ちゃうんじゃないの~?
人も動物もみんな凍っちゃうんじゃ?
やだやだ、怖い怖い。


にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-12

む゛ぅ~、確かに。

外国語を覚える為に、
ネイティブのメル友を見つけよう!
そんなサイトでのアドバイスの中に、こんな文があった。
「質問ばかり続けると、
 詰問調で好まれません。」

だから、聞きたい気持ちを抑えて
内容にふくらみをもたせましょう的なことが
続けて書いてあった。

日本人同士でもそうならないように、
しかし自分のことだけにならないようにと
気にしてはみるものの、
結構自然の成り行きに任せちゃう。
たぶんほとんどの人がそうだと予想してる。

で、今日になって初めて
「うわー、このメール嫌だぁ!」っていうメールをもらった。
1つ目のメールは普通。 
それに合わせてわたしも返信。
それに対するお返事の中盤に、続けて4つ質問がついた。
4つの質問に答えつつ、相手を気遣う内容で
手短に返すのはかなり難しい(涙)
どこが重要かわからないので、
- ↑ 聞き流す程度のことが、質問になっていたからさ。-
1つももらさないように注意しながら再び返信。

一息ついたとき、また受信。
ドキドキしながら見たら、例の人からだ!
しかも今度のメールの文末には、
質問文が5つ並んでる~。
そのうち3つは他人のことについての質問。
申し訳ないけど込み合ったことは
わたしも解りかねるので、
直接本人に聞いておくれよ。

詰問調って本当に尋問みたいだった・・・。
わが身に降りかかって、
「こりゃあ困るね。」って実感するもんだね。
けれどもわたしも自分の気のつかないところで、
困ったことをしているのだろうからお互い様か。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008-01-11

みんなアメリカンだよね~。

Nさんは転職経験者だ。 わたしも職安通い。
職安で相談員の人とお話する際、
「職務経歴書には、多少大きめに書いてね。」と
誰もが言われているようだ。

でも実際できることっていうと、そうそう大きく出られない。
だから嘘にならない程度に書いて提出。
そうすると「ここはこうの方がいいな・・・。」って、
少し手直ししてくれる。
そういう風にできたわたしの職務経歴書。
・・・全く嘘ではないけれど、たぶん別人?

今日はNさんとそんな話をしていた。
「み~んなそうなんだから!
 最近の流れはアメリカンだねー。
 自信たっぷりにもっていかないとね!」
そうなの、そうなのっ。
あの書類を書いてるわたしって、
きっと鼻も高くなってるし、目も青くなってる。
星条旗の下、成功すべくややアグレッシブに・・・(笑)

でも冷静に考えると、そんな大きく出てしまって
ひょっとして採用されたら・・・。
それはそれで困るのではなかろうか _| ̄|○
次の面談ではあの熱心さに圧されずに、
「ありのままでいかせてください・・・。」って
ちゃんと頼もうと思う。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-10

電気風呂に殺られそうになる。

毎週「お風呂の日」を儲けて、
銭湯に連れて行ってもらうことになった。
空いてる平日に行くので、帰りが遅くならない為にも
より長くお風呂に入る為にも、
その日は簡単な料理にすると決めた。
麺類とか、カレーとか。
今回はどう使おうかとずぅぅっと悩んでいた
ザウアークラウトをウインナーと豚の固まり肉で煮込んだもの。
イタリア産の白ワインでドイツ産の例のモノを
ほとんど半日煮込んでやったよ (*^ー゚)b 

その後予定通り、20時前に銭湯着。
全種類制覇したけれど、電気風呂では死にそうになった。
小さな子がシレッと入っていたから、
わたしも普通に入りに行った。
腰まで浸かった瞬間、身体の奥に奇妙な痛み。
ヨロッとしたし、表情にも苦悶がにじみ出たはず。
どう考えても表面の痛みじゃないので、
本気で腰をどうにかしたのだと思った。
・・・もうあそこには近寄れない。
感電死ってあれの超親分なんだろうなぁ。
絶対感電したくない...。

それはともかく、銭湯に行き慣れていないわたし。
荷物の量とか、入る順番とか、
お風呂を出てからいろいろレクチャーされた。
かけ湯をした後か真ん中らへんに
サウナに入ってその後に身体を洗う。
そうすれば、汚れがよく取れるんだよって教わった。
ふむふむ。 身体がふやけてるもんね。
そう言われればそうだよね。


にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『写真記録
 チェルノブイリ消えた458の村』
/ 広河隆一 

フラっと歩いていたら、写真集を一冊見つけた。
強烈な存在感を放っていたそれは、
チェルノブイリ原発事故に関する写真集。

この前『みえない雲』を観たせいもあるのかな?
「あそこってまだ400年くらい人が住めないんだって。」と
Nさんが話していたのを思い出したせいなのかな?
とにかく見てみることにした。

ウクライナの事故だから、
被害は同国が最大なんだろうってずっと思っていたの。
そうしたらベラルーシが最大の被害を受けたんだそうだ。
国民の4人に1人が死亡したり
なんらかの後遺症に悩んでいるんだって。
- ↑1999年の資料だけど。-


?観てみる?


ほとんど廃墟の写真だよ。
生活感が残ったまま打ち棄てられた家も
ちらほら撮影されていてすごく悲しくなる。
被害者の声が聞こえてくる本だった。
生まれ住んだ家が残ってて、
いつでも戻れるわたしはとても幸せだ。
地球の為にも環境に気を配って生きていかないとな。


にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-09

痛々しい...。

海浜公園までお散歩に行った。
そこには、まん丸に太った黒猫ちゃんが座っていた。
漫画とかで描写される、
テレビの前でどかーんと座って
お煎餅を食らっているおばちゃん的な様相で。
表現を変えるのなら、ヨーロッパの絵画。
裸婦の座りポーズみたいな感じ。
要するに、まるで人間のようだった。

顔もちょっと悪そうだし、球体に近いし
「猫としてどーなの?」って気分だったんだよね。
だけどそれが興味をそそったので、
写真を撮ろうと近づいた。
がっ、あのコは逃げていった。
それでね、横を向いた瞬間に
首がかなり切れているのを発見。
お肉が見えちゃってる (((( ;゚д゚)))

ともかく保護しようと追いかけたけど、
丸々太った猫にすら追いつけないわたしって・・・。
人の手によるものか、はたまた事故かわからないけど
とても痛そうな深~い傷だったよ。
大丈夫かなぁ、心配だなぁ。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-08

お買い物。

わたしはDSを持っていて、彼はPSPを持っている。
あれ? ・・・ってことは、お互い貸し合いっこできるじゃん。
んで、早速PSPのソフトを買うことにしてみた。
この前の旅行でフランス語には苦労したし、
ドイツ語ももう既に口が動かなくなってるし、
Talk Man  EURO!で特訓だ!
- サイトに「文法上正しくないのもあるよ。」って
 ちゃんと書いてあるあたり親切かなぁとも思ったり。-

Bestで出ているらしいのに、
見当たらないのでAmazonでお買い物。

んで、ペリカン便のおじさんが配達してくれた。
お取り寄せの品をウキウキ待ってる感が出ていたのか、
「は~い、Amazonさんからですよ~♪」と
子どもにお誕生日プレゼントを渡すような雰囲気。
おじさん、おじさん、わたしそんなに若くないですから~。

早速やってみたら、画像のキレイさに驚いた。
ついでに機械オンチのわたしには
なんだか操作が難しい(涙)
これ、普通のゲームだったら
動かせなくて絶対クリアできないね ヽ(゚∀゚)ノ
「どんだけ機械オンチなの?」って、
PSPの持ち主も不思議がっていたよ。


にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-07

『ナイトミュージアム』

ズーランダー』を観て以来、
ベン・スティラーの出ている映画を
よく観るようになった。
アホっぽいんだけど、素直に愉快で
「罪がなくていいねぇ。」ってつくづく思う。

『ナイトミュージアム』もぜひ観たいと思って
公開時に観に行こうと誘ったら、
「子どもの映画でしょ?」って反対された。
そうかも知れないんだけど・・・、楽しかったよ~!


?観てみる?


窃盗事件に発展するとは思っていなかったから、
ドキドキ感もあって実によろしゅうございました。
じぃさんたちのあの俊敏な動きに、笑わせてもらったし。
かつて観るのを反対した彼も、面白がってた。
ほらね、観てよかったでしょ?


にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008-01-06

『ドーベルマン』

’98年の映画を観た。
バンサン・カッセルとモニカ・ベルッチ、
二人とも若~い(笑)

あんまり人物の見分けがつかなくて、
「誰だっけ?」状態になったけど
要は窃盗団と極悪警官の対決だった。

んでもって、痛々しいシーンが多い。
だって手榴弾をヘルメットの中に入れて、
爆発させちゃうし・・・。
走ってる車にしがみついてる人の頭を
地面に擦りつけるなんて恐ろしいし・・・。

でもテンポは良かった。
『ラン・ローラ・ラン』に通ずるよ。


?観てみる?


にほんブログ村 映画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-05

商品ではなく、
サービスを売った感じ?

グリル鍋を買いに行った。 でも意外に奥が深い。
たかがグリル鍋、されどグリル鍋っていうやつ。
わたしたちったら品物を前に完全に舞い上がって、
約5リットルでプレート3枚、蒸し器つきを買おうとした。
お値段も割りとするけど、人気商品らしいし
土鍋っぽいあたりすごそう?
火力も強いみたいだしね。 ・・・という具合に。

そうしたら店員さんがきて、商品説明した後
機能でこの値段はお値打ちだと言っていた。
でも直後に沈黙。 「で、どうしてこれに?」
えぇ、理由がいるんですか?
とりあえず「なんかすごそうだし。」って答えた。
すると彼は、急に熱く語りだした。

このお鍋のすごいところは、土鍋っぽいところだけです。
この大きさ、だいたい宴会用ですよ。
これ、重い出し入れに困るでしょう?
ダンナさんのお手伝い無しで大変じゃないですか?

それにお肉を焼くなら、セットした水に油の落ちる
ホットプレートが正解です。
このタイプと比べると旧式のホットプレートや
グリル鍋のプレートは2倍煙が出るんです。
そして、グリル鍋はプレートが薄すぎます。
焼けるけれど美味しくないですよ。
となると、鍋料理に250℃なんて高温は必要ありません。
これを買うならシンプルな小さいものを買うほうが
絶対にいいと思いますよ。

はぁ...、なるほど。 
あれっ? まさか、ホットプレートも買えと言うのでは?
・・・と思ったら、店員さんが消えた。
「よーく考えてみてください。」という一言を残して。
それで結局、別のところで味わい亭っていう
小ぶりのグリル鍋を購入した。

あの大きなお鍋が蒸し物もできるとうたっていたので、
こちらもそんな使い方ができるんだなぁと閃いた。
その上、多機能だと一つ一つの能力は
専門のものより劣ってしまうってこともわかった。
-オーブンレンジもそうか。 忘れてた。-

今回は例のお店で買わなかったけど、
店員さんに恩を返すために
いつか何かを購入しなくては。
けんじくんも同じように言っていた。
「今回は他所の店に客を流したけど、
 客の心はつかんでたよね。
 次はあそこでって思うもんね。」
すばらしい仕事っぷりだと感心した。


にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-04

まずい・・・。

ドイツで緑茶を飲むと、大体レモン風味だ。
” mit Zitrone ” って書いていなかったら、
普通の緑茶だったりする。
どうやら他のヨーロッパもそんな感じらしい。
実はわたし、レモン風味の緑茶は嫌いではない。
まずいノーマルな緑茶よりよっぽどいい気がする。

フランスではドイツほど緑茶を見る機会がなかったけど、
レモン風味とオレンジ風味と
なんだかわからない風味(!)のお茶を見つけた。
-  ↑イギリス産だったけど。 予想では桃系だと信じてる。-
フランス語は読めないから正体がわからない。
一応聞いたけど、フランス語で説明されても・・・。

んで、今回は冒険することにした。
このなんだかわからない風味を一箱買って帰ってきたのさ。
そうしたら、すごくまずい。 ありえないくらいまずい。
緑茶を買ったけど、とてもとても飲めないので
自ら紅茶をブレンドして飲む始末。
一体何の風味がついているのかも判別できない(泣)
だけど紅茶味ならなんとか飲めるんだよね。
お茶の葉っぱって緑茶も紅茶も
大本は同じなのに、不思議だねぇ。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-03

真似じゃないですよ~ (´д`)ノ〃

出先で非常に喉が渇いた。
ベジテリアの飲み物がおいしそうだったから、
ここで飲むことにしたわけですよ。

「マンゴー&ヨーグルトにしようかな。
 いやいや、いちごみるくにしようか。
 でもやっぱりマンゴーだなっ。」
そんなふうに思っていたら、前のお兄さんが
「マンゴー&ヨーグルト。 レギュラーサイズで。」
・・・って注文した。
あぁ、なんてことなの!!!
品物だけじゃなくてサイズまでもが一緒だ!

真似してるみたいだし、なんだか頼みにくい~。
仕方ないから違うものを頼もうかなぁ。
でもこんなことで意思を曲げても良いものか。
2008年の初っ端から、妥協をしていいのだろうかっ!?
そんな心の戦いの後、わたしの番が回ってきた。
「マンゴー&ヨーグルト。 レギュラーサイズでー。」
緊張のあまり、台詞も一緒になっちゃったよ・・・。

お金を払っていたお兄さんが、
一瞬こちらを振り返ったけどこの動揺を見せるものかっ。
だって真似じゃないもん。 偶然なんだもん。
頑張れ、わたし!
・・・つーわけで、スタートは肝心。
たぶん今年はいい年になるな、きっと。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-02

いろんな福袋。

今まで福袋には喜ばされたり、落ち込んだり。
あの大量の物品をどうしたらよいものかと
買った後にホトホト悩むので、
気に入った品を一点買う方向でいた。

けれども今年はLUPICIAの福袋を買ってみた。
「梅・¥3000」っていうやつ。
2箱選べるんだけど、中身はお茶が6点ずつ。
お茶が大好きなので、嬉しいかぎり♪

前にドイツへお茶を送ったら、非常に喜ばれた。
クリスマスプレゼントのお礼に、
このお茶セットだったらいいかもしれない。
いろんな緑茶をちょっとずつ・・・。
どうしようかな、これでいこうかな?
もう1セット買ってきちゃおうかなぁ~??

それはそうと、同じ建物内にある靴屋さん。
ここでも福袋を出していた。
普段カワイイ靴が置いてあって、
かなり通っているけれど靴の福袋ってすごい。
中身を見なくても、試着しなくても買えちゃうの?
勇気がなくてきっとわたしは買えない (´д`;)


にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008-01-01

40km走破!

今日は彼の実家に行ってきた。
帰りはわたしの運転で。

でも、10月以来運転したことないし・・・。
10月って言ったって結構ペーパーだったし、
ちょっと前には駐車しようとして柱に激突してるし・・・。
40kmも離れた所から帰れと言われても、
かなり恐ろしいことなんだよね。

お義母さんにもこう言われた。
「家に着いたら、必ず電話するように!」
そして、隣の彼には文句を言われつつ運転。
なーのーに、いつの間にか寝やがった。
知らない道なのに、夜なのに~ 。゚(゚´Д`゚)゚。!!!
つーか、あんなに怖がって横に乗っていたのに
一体どんな図太い神経してるんだっ!!

しかしなんとか帰ってこられた。
今年最初に学んだことは、
①ゆっくり運転することは、必ずしも安全ではない。
②ときには、攻めの姿勢で運転すること
・・・っつーことだねぇ。


にほんブログ村 その他日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »