« ハイブリッドって・・・。 | トップページ | WAONを使ってみた。 »

2007-12-03

『木洩れ日に泳ぐ魚』 / 恩田陸

恩田陸さんの本は一度も読んだことがない。
だから普段どんな系統のお話を書いているのか
全く知らないんだよね。
で、たまたま目についた『木洩れ日に泳ぐ魚』を
読んでみることにした。

なぜかっていうと、「きれいそう。」とか
「青っぽいイメージのタイトルだ。」とか
- ↑青と緑は好きな色だから~。-
「表紙の絵がかわいい。」とか・・・。


?読んでみる?

 

まず最初の段階で、なにやら不穏な感じ。
ここ一年は桐野夏生さんのドロドロ系を読んだり、
森博嗣さんの殺人、殺人・・・また殺人系を読んでいたから
今回もあらん限りの暗黒ムードを予想した。
でも、予想より遥かに爽やかに終わっていく。
千明と同じように「あー、もしかして。」って
話が読めちゃうあたりガックリ感があったけど、
タイトルと読み終わった後の気分が合ってる(?)

自分に関する事柄を客観的になってみたとき、
しかもそれが自分なりの結論に達していたとき、
たまたま綺麗な木洩れ日を見たとしたら
わたしも彼女と同じように思うかもしれないなぁ。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

|

« ハイブリッドって・・・。 | トップページ | WAONを使ってみた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156998/9233810

この記事へのトラックバック一覧です: 『木洩れ日に泳ぐ魚』 / 恩田陸:

« ハイブリッドって・・・。 | トップページ | WAONを使ってみた。 »