« 『生きる』 | トップページ | 『おいしいハンバーガーの
 こわい話』
/ エリック・シュローサー »

2007-11-22

女偏の漢字。

奴、努、威、嫉……嬉 。
とりあえずこれだけ挙げるとして
左側にいくほどネガティブな成り立ちを持つそうだ。

主に手を使った仕事に従事させられたことから、
奴隷の「奴」には女がつく。
女性の奴隷が粘り強いから、その様から成り立った「努」。
間を飛ばして…。
一見ポジティブに見える「嬉」ですら
「女の人と一緒にいられたら嬉しいなぁ」って
男性が思ったとこから成立した漢字なのだそうだよ。

公開講座の先生が、そう教えてくれた。
漢字の成り立ちは漢和辞典に載ってるらしいけど、
そんなことまでいちいち見てないからなー。
わが家の大漢和辞典はたしか十数巻。
恐れ多くて触ったことがないけれど
読んでみたら案外楽しいかも。
でも途中で飽きるかも。 寝ちゃうかも。


にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

|

« 『生きる』 | トップページ | 『おいしいハンバーガーの
 こわい話』
/ エリック・シュローサー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156998/9064141

この記事へのトラックバック一覧です: 女偏の漢字。:

« 『生きる』 | トップページ | 『おいしいハンバーガーの
 こわい話』
/ エリック・シュローサー »