« 方向音痴になってきた。 | トップページ | マイナス思考を
前向きに考えてみる。 »

2007-10-13

『六番目の小夜子』 / 恩田陸

『木漏れ日に泳ぐ魚』を読みたくて、
本屋さんに行ったけど売っていなかった。
図書館の本も貸し出し中だった。
で、代わりに『六番目の小夜子』を読んだ。

「10代のときって、こうだったよね。」って
懐かしく思いつつもドキドキしながら、
あっという間に最後までー。


?読んでみる?


でもよくよく考えると、わからないこともある。
沙世子はすごく美人で賢い女の子だけど、
要するに普通の子だったの?
それとも「噂の小夜子」が
彼女に一時的にのりうつってるの??
あの先生は一体なんなの?

そのへんの矛盾はぬぐえないものの、
因習が引き継がれていく様子とか
学校生活のことなんかは、
「そういうもんだよね~。」って思える。
少しひんやりする系の話って嫌いじゃない。


にほんブログ村 本ブログへ

|

« 方向音痴になってきた。 | トップページ | マイナス思考を
前向きに考えてみる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156998/8385804

この記事へのトラックバック一覧です: 『六番目の小夜子』 / 恩田陸:

« 方向音痴になってきた。 | トップページ | マイナス思考を
前向きに考えてみる。 »