« 手続きに翻弄される(泣) | トップページ | 傘袋について。 »

2007-10-07

『すべてがFになる』 / 森博嗣

全く面白くないわけじゃないのに
女王の百年密室』が肌に合わなくて、
その後読もうと思わなかった森博嗣さんの本。
今回はなんとなく読んでみた。
みんなのお気に入りの本が書かれたBBSで
「このシリーズ、是非読んでみて!」ってあった気がするから。

密室殺人がテーマなんだけど、
そのお部屋がある島自体も
基本的に部外者が入れないから
ある意味二重の密室って設定なんだよね。
で、主人公たちも優秀なのに最後の最後に
ちょっと解釈を誤っていたりする。
みんなが非常に賢くて、わたしとしては
登場人物の誰にも入っていけないんだけど
すっごい集中して読めちゃった。


?読んでみる?


このシリーズは10作品あるらしい。
「全部読まなくちゃ!」って思うくらい良かった。
実際わたしは理系じゃなくて数字には特に疎いし、
コンピューターのこともチンプンカンプンだから
英語の長文を読む感覚の箇所があったけどさ。
- わからなくても止まるな! 先へ進め・・・みたいな。-
なんか読み応えがあったよ。


にほんブログ村 本ブログへ

|

« 手続きに翻弄される(泣) | トップページ | 傘袋について。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156998/8286010

この記事へのトラックバック一覧です: 『すべてがFになる』 / 森博嗣:

« 手続きに翻弄される(泣) | トップページ | 傘袋について。 »