« チョキチョキ、チョキチョキ。 | トップページ | 今逃げちゃいけないこと。 »

2007-09-07

『アヒルと鴨の
 コインロッカー』
/ 伊坂幸太郎

いろんな人が「おもしろい」って言う、
伊坂幸太郎氏の小説。
実は氏の本を読むのは、今回が初めてだ!!

会話がね、おもしろい。
わたしが同じ会話を展開したら
普通になっちゃうんだろうけれど、
選ぶ単語とかテンポが良くてイイ(*^ー^)b
作家さんってすごい。

お話も結構引き込まれる。
人とのつながりはあるものの、
過去と現在が別々に展開していく。
で、最後は一つのお話になる。
過去のお話ではちょっとヒヤっとして、
現在のお話では椎名と一緒に
「はぁ?」って思いながら読んだ。


?読んでみる?


最初は意味不明だから速度が遅かったけれど、
中盤はぐいぐい読んじゃう。
最後の方、「そういうことか」ってわかるから
少しフェイドアウト気味だったなぁ。
文章自体は超好みだったから、
他の作品もそのうち読んでみようって思った。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

|

« チョキチョキ、チョキチョキ。 | トップページ | 今逃げちゃいけないこと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156998/7840121

この記事へのトラックバック一覧です: 『アヒルと鴨の
 コインロッカー』
/ 伊坂幸太郎
:

« チョキチョキ、チョキチョキ。 | トップページ | 今逃げちゃいけないこと。 »