« 青森県(の噂)。 | トップページ | 『クレイマー・クレイマー』 »

2007-07-15

『鱗姫』 / 嶽本野ばら

雰囲気が怪しいからと手がのびずにいた
嶽本野ばら氏の本たち。
でも『デウスの棄て児』を
いもうとに薦められて印象が変った。
読みやすい文章と斬新な解釈で進行するお話。
わたし的には興味深く面白かった。

今回読んだ本もいもうとのおススメ。
これも異色なホラー(?)で面白かった。
主人公はわたしたち一般人に比べたら
確かにお嬢様ではあるけれど、完全なるお嬢様じゃない。
お嬢様になりきれてない言葉遣いが面白い。
「ですわ調」で進んでいくのに、
突然「オエーッ」とか「大人って汚ぇゼ」とか。


?読んでみる?


このお話にググっと引き込まれたのは、
エリザベート・バートリーがちょっと出てくるところ。
別に惨殺に興味があるわけではない。
興味があるハプスブルグ家の系譜の女性。
その一点に尽きる。
でも、関心の一部が含まれているお話って
その世界に入っていきやすいんだよね。

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

|

« 青森県(の噂)。 | トップページ | 『クレイマー・クレイマー』 »

コメント

初めまして。
私も鱗姫大好きです。
面白いですよね~。
シシリエンヌまでしか読んでないけど、
野ばらの本の中では一番すきかも。

投稿: サバヤッコ | 2007-07-19 01:00

サバヤッコさん、はじめまして♪

『鱗姫』はかなり毒づいているけれど
それをあんまり感じさせないですね~。
(口調のせい?)
そのあたりが更に面白いです。

読まず嫌いはダメだなって思いました。
氏の作品はまだ3つしか読んでいませんが、
他のも読みたいなって思ってます。

投稿: schokos | 2007-07-19 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156998/7157168

この記事へのトラックバック一覧です: 『鱗姫』 / 嶽本野ばら:

« 青森県(の噂)。 | トップページ | 『クレイマー・クレイマー』 »