« 『八甲田山死の彷徨』
/ 新田次郎
| トップページ | おいしゅうございます。 »

2007-07-07

『悪魔の羽根』 / 乃南アサ

7つの短編が入った文庫。
最後の『指定席』以外は犯罪とは関係がない。
でも「何かあるんじゃ?」って思わせる。

読んでいてトゥーサンの『ためらい』を思い出した。
あれも確か、主人公の想像や感覚が
現実よりも選考してた様な気がするから。
2つを比べてみると『悪魔の羽根』の方が
よっぽど身近で読みやすい。


?読んでみる?


『はなの便り』に関しては、
自分も「それ」に悩まされているから
なんだか妙に親近感がわく感じだった。
この中では『水虎』が好きかも~。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

|

« 『八甲田山死の彷徨』
/ 新田次郎
| トップページ | おいしゅうございます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156998/7063048

この記事へのトラックバック一覧です: 『悪魔の羽根』 / 乃南アサ:

« 『八甲田山死の彷徨』
/ 新田次郎
| トップページ | おいしゅうございます。 »