« ほぎゃっ!! | トップページ | 課長こころえ。 »

2007-04-17

『となり町戦争』

レビューを読むと賛否両論あるようだけど、
わたしは結構良かったと思う。

「僕」と同様にわたしも
戦争の影をあまり感じないまま
読み終わっちゃったけど、
知らない間に誰かの犠牲や苦しみのもと
生きているって感覚はよくわかる。

戦争を日常に置き換えるなら、いじめの問題とか。
自分は積極的に関わったわけではないし、
話しかけられれば挨拶も会話もするけど
意地悪されてる子を助けてなかったり。
その子を傷つけたかもしれないし、
その子にとってはわたしの存在は
特に重要じゃなかった可能性もある。

と、同時にこうも思う。
もしもその子がいじめられてなかったら、
その標的はわたしだったかもしれないなぁ。
そんなことをちょっと考えさせられた。

?読んでみる?

さて、このお話の設定で考えると
わたしは市と市の境近くに住んでいるので、
実際このような状況になったら、
戦闘地域になっちゃうかも~。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

|

« ほぎゃっ!! | トップページ | 課長こころえ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156998/6124435

この記事へのトラックバック一覧です: 『となり町戦争』:

« ほぎゃっ!! | トップページ | 課長こころえ。 »