« わからない…。 | トップページ | シマム~ラ、シマム~ラ! »

2007-04-25

『日本語の謎
 韓国語で日本語にメスを入れる
 / ペ・ハクテ

日本語の【音】と韓国語の【音】に注目して、
なぜ日本でそう言うようになったのか
辿ってみるというなかなか面白い本だった。

?読んでみる?

わたしはドイツ語学習者。
自分が思うところの英語との相関性を
母やいもうとに切々と語っても、
「ドイツ語を習ってないから、
 そう言われてもよくわからない。」と
何度も言われたことがある。
この本を読んで、その気持ちがわかった。

韓国語がわからないから
説明されたことを覚えていられなくて、
何度も行ったりきたりして読むことになった。
韓国にすごく興味があったら、
もっと面白く読めたかも。

ついでに、音読したくなる箇所がいっぱい出てきた。
博多はポグカンという韓国語から
派生したのではないかというところとか。
字面で見ると全然似てないんだけど、
ぼそぼそ言ってるとだんだん似てくる。
ついつい試しちゃうので、電車では読めないかも。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

|

« わからない…。 | トップページ | シマム~ラ、シマム~ラ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156998/6212923

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本語の謎
 韓国語で日本語にメスを入れる
 / ペ・ハクテ
:

« わからない…。 | トップページ | シマム~ラ、シマム~ラ! »