« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007-03-31

一回忌に引き続き。

今日もお坊さんのお経で寝た。

お経をあげてもらう前に、本堂の屏風の話をしてくれたっけ。
「これは江戸時代の屏風のコピーです。
 手前の人たちは極楽浄土の門前にいるのに、
 中に入れないのです。
 信心深くないと、浄土には行けませんということを
 文字の読めない人に伝えるための絵が描かれています。」

お経をあげるまえのシャラシャラ~ンっていう
キレイな金属音といい響き(?)のお坊さんの声に、
すっかり夢心地になってしまった。
きっとα派が出てるんだ。 
- 去年も同じことを主張したけど。-
・・・わたしも浄土に行けるタイプじゃないらしい。
信心深くない上に、居眠りまでしたからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-29

『ドリームガールズ』

『マリー・アントワネット』を
「観たい、観たい♪」と言って結局行けなかった。
今度は観たい映画を見逃すまいと、
今更ながら『ドリームガールズ』を観てきた。

歌って踊る映画、結構好き。
その中でもこの映画が1番いいかも~。
『シカゴ』も良かったけど、
刑務所に入ってから
のし上がっていく人の気持ちって
イマイチ身近じゃなくて。
今回観た映画は、なんだか身近な感じだった。

成功し続けると、いいにつけ悪いにつけ
人ってどんどん変っていく。
それって日本もアメリカも一緒なんだね・・・。

エフィーがトラブルメーカーだと
みんなに責められるシーンがあった。
「対決は一対一でなくては!」という
わたしの微妙な武士道的精神(?)だと、
なにもそんなによってたかって・・・と
一気にエフィー贔屓になったりして(笑)
- 愛嬌ある顔立ちだし、歌も上手いし。-

よくよく考えてみると、
確かにわがままなんだけど
「カーティスが悪いんじゃん!!」って
結論になるんだけど?

ついでにディーナ役のビヨンセが
オセロの中島さんに見えて仕方がなかった。
すっごい似てた。。。
- ビヨンセが中島さんに似ているのか、
 はたまた中島さんにビヨンセが似ているのか・・・。-

これ、かなりおススメっす。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007-03-27

マイナスイオンってすげぇ
o((*・ω・*))o

ドライヤーを買うことにした。
どこもそんなに変らないだろうし
髪の毛は非常に健康なので、
適当にちょいちょいと決めようとしたら
すっごい種類があるんだね!

おかげで安易に決められない。
しかし我が家は、家電の静かさが常に重要。
そんな理由で、シーンターボ イオニティに。

そしたらー、髪の毛が
とってもサラサラでツルツルになった
マイナスイオンをちょっとだけ
バカにしていたよ・・・。
昔のドライヤーとは大違いだ。

もうちょっと奮発してナノケアにしていたら・・・、
もっとツヤッツヤになってたのかな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-26

16757円なり~。

なぜいつも貧窮状態なのか?
- バッグや靴に費やしてるからだってわかってるけど。-
以前そんな話をしていたら、
「お給料が25日に入っても、月末〆でやりくりしなよ。」
って真剣にアドバイスされた。
なぜならば、土・日や祝日でお給料日が早く来ても、
「わーい、お買い物に行っちゃおー♪」
・・・ということにはならないから。

合わせてお小遣い制にして、3分割。
- 自分で稼いだお金ですが。。。-
上・中・下旬に決まった額を
お財布に足していくことにした。
余ったものは翌月に繰り越さないで、貯金箱に。

という具合に、ケチケチ過ごして1年間 。・゚・(ノД`)・゚・。
今日は銀行に小銭を貯金しに行ってきた。
数えてみると16757円。 意外に貯まってる!!
なんだか得した気分~。
んでもって、今回入れた口座のキャッシュカードは
例によって暗証番号忘れで止められたまま作っていない。
しばらくはここを【へそくり口座】に任命しとこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-25

ジェフ vs サンフレッチェ

わたしがフクアリに観に行くと、必ず負けるジェフ・・・。
今日は天気も悪い上に、いきなり先制されて
「あぁ・・・、もしやまた・・・。」って思っていた。

でも勝った!! 初めて選手のでんぐり返しを見た♪
そしてドキドキしながら観る場面が多くて
とっても楽しかった~。

        Jef_vs_sanfrecce

んでもって、双子率が高くてビックリ。
一つのゲームで2組だからね・・・。
子どもたちが揃ってJリーガーなんて、
すごい家系もあるもんだと話しながら応援してた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007-03-24

「ぷっ!」って笑われた。

先ほど図書館に行って、
仮パスワードを再発行してもらった。

「自分で設定したのに、もう忘れました。」
不本意ながら白状した。

そしたら、ふき出されたよ。
何年後かには恐らくそういう人も
ちらほら出てくるだろうけど、
1週間とちょっとじゃ早すぎたらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パスワードがイッパイあるから。

先日、図書館のオンラインサービスを使うために
パスワードを設定した。
予約するときにログインしようとしたら、
何度頑張ってもログインできない。

「家で落ち着いて考えれば、きっと思い出すさ。」
ってそのときは安易に思っていた。
でも、完全に記憶から抹消されてる _| ̄|○
- 桁も一番少なくして、敢て簡単なものにしたのに。 -

仕方がないから、今日は図書館に相談しに行こう・・・。
嫌だなぁ、まだ1ヶ月と経っていないのに。
パスワード忘れ第1号になったかもなぁ。
どこもかしこも「パスワード、パスワード!」って言うから、
頭の中が混乱するんだ。
まぁ、パスワードがなくちゃ困るけどさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-23

ももひき・・・。

無印良品が10%OFFをしていたので、
レギンスを3本購入した。
で、洗濯機に入れておいた。

すると母親が、
「今日はshokosちゃんの
 ももひきが多いね。」って。
ももひき・・・? レギンスです、レギンス。
スパッツならまだしも、ももひきっていうのは
かなりいただけない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007-03-22

結構なご身分で・・・。

「サーロインって何でそういう名前か知ってる?」
土曜の夜にそう聞かれた。
「そういう部位だからでしょ・・・。」と答えたら
確かに部位だけど、そういうことを尋ねたのではないそうな。

もともとロインというお肉の部分だったけど、
王様が食べたとき超美味しかったんだって。
だから、ロインに「sir の称号」を与えたそうだ。

お料理好き・牛肉好きには常識かもだけど、
お料理も嫌いだし豚肉派だから知らなかったよ・・・。
ウィキペディアのビーフステーキのところにも
ちゃんとそうやって書いてあった。
- 疑ったわけじゃないけど、調べてみたくなったんだもん。-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-19

暗い、暗すぎる・・・。

先々月、携帯の料金が結構かかったので
パケ・ホーダイに変えてみた。
今回の請求ではそんなに高くなかったけど、
先月の請求は以前よりかかっている!!

んー、もとのプランに戻すべきか・・・。
しかしせっかくパケ代定額制に変えたんだから、
一つやってみたいことがあったんだった。
それは携帯で漫画を読むこと。 
どーせならやってやれ、とうっ!
ってなわけでひと月350円払って読んでいる。

最初は懐かしの『ベルばら』を読みたかったけど、
バカ長いからやめた。
代わりに読んでるのが、ホラー系。
わたしが中・高生だった頃、
うちのクラスで流行っていた御茶漬海苔さんの・・・。

それをベッドでコロコロしながら読んで寝る。
きっとすごく暗い人だ、わたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-18

お部屋をキレイに保つなら、
失敗すべし?

昨日、仕事ですっごく失敗した。
こんなときは掃除がはかどる。
昨日はかなり熱心に掃除機をかけた。
無心に汚れを取り除くことで、
自分の失敗も綺麗サッパリと消える気がして。
- まぁ、それって完全に気のせいだけど。
   …明日会社に行ったら、失敗の結果が
  しっかり存在してるんだよなぁ。 嫌だなぁ。-
そんな訳で、今日も引き続きお掃除。
そしてお洗濯デー。

でねー、大変なことが発覚した。
新居の物干し竿の位置が高すぎだ!
角ハンガーは問題ないけど、
シーツ等大物を掛けるのが困難。
爪先の中の爪先って感じのところで立って、
フルフルしながら干したのさ。
わたし…一体どれだけ小さいんだろう?
これは対策を練らないといけないな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007-03-16

『バニラ・スカイ』

現実の世界でとっても嫌な体験をしたら、
夢の世界に救いを求めるのだろうか?
- そんなに辛い思いをしたことがないから、
      今のところよくわからないけれど。-

酸っぱい経験があるから、甘い体験もあると
この映画では言っていた。
それなら楽しいこともあるかもしれないけど
不可解な夢の世界よりも、
現実の世界の方がず~っと幸せだ。

?観てみる?

観終わった後、スッキリした気分になる映画。
評判どおり、面白かった。
んでもって、「今日も頑張ろう。」って気分になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-15

キャトルのタルト。

父が母にキャトルのタルトを買ってきた。
- ブルーベリーがイッパイのってるものだった。-
ついでにいもうととわたしの分、
自分の分も買ってきたのだそうだ。

こんなに美味しい洋菓子を食べたのは、
ほんっとに何年ぶりでしょう…!!
勿体ないから、明日のおやつ用にとっておいた。
…っていうか食べる気満々だったけど,
母が「明日用にとっとこー。」と言い出したからさ。
だって明日、人が食べてるのを見たら
悲しくなっちゃうかもでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『外套・鼻』

「ロシア文学って、難しそう・・・。」って思っていた。
- 昭和12年の訳の改版なので、日本語がかっちりしていたけど。-
んでもって、こうも思っていた。
「しかも1800年代の作品だから、
 尚更日本人にはよく解らないのではないか。」
けれども、なんだか相通ずるところがある。

平凡すぎて特に目立つところはないけれど、
真面目に愛着をもって仕事に臨む人が『外套』の主人公。
実はそれこそがその人の才能であり、優れたところ。
それこそ敬意に値することだって話・・・だと思う。
そしてロシアの階級社会の厳しさと冬の厳しさを感じる。

んー。 だけど『鼻』の方が面白かった。
-『外套』を読みたくて、探し回ったにも関わらず。-
こちらの話は、どうしてそんなことになったのか
読者も登場人物たちも全然わからない。
「まったく何が何だか、
 さっぱりわたしにはわからない・・・。」
っていう文章まで登場する。
しかし一番最後には、
「そういうことってあり得るんだよね。」と。

それでね、鼻が擬人化してる箇所があるよ。
自分の鼻と話した所有者も困惑しているとはいえ、
地位のおかげでヘコヘコしてる。
周りの人間も訝しがりながらも淡々としている。
でもわたしの想像では、
デカイ鼻が制服を着て活動しているんだけど。
ひょっとしたら、鼻の穴から手足が出ているかも!?
どういう状態なのか思い浮かべながら読んでたら、
とってもおかしい気分になった。


?読んでみる?


新訳の『外套』や『鼻』も読んでみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-14

睡眠時の恐怖。

ここ数週間、彼が先に新居で暮らしている。
「一度泊ってみなよ。」って誘われたので、
「それでは。」とお泊りしてみた。

普段気づけないけど、実は寝言を言っているようで・・・。
しかし昨日のは寝言ではなく「寝笑い」だったそうだ。
夜中に「あははは!」って
楽しそうに笑っていたのだと彼は言う。
「この人、いつまで笑っているのだろう?」と観察してたら、
自分の方が先に寝てしまったと報告を受けた。

なんだか・・・とっても恥ずかしいなぁ。
中・高校時代の修学旅行でも、
実は何かやらかしていたんだろうか??
すっごい不安になってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きのうは収納するはずだったの(BlogPet)

きのうは収納するはずだったの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Jan」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-12

『赤い航路』

観てみた、『赤い航路』を。
「おもしろい」と言われて観たけど、
おもしろいかどうかわからない。

ただ、「嫌いなんだけど好き」とか
「好きなんだけど嫌い」とか
そういう気持ちは伝わってくる。
- 映画に出てくるのはもっと強い意味合いだけど。-

ミミを虐げてみるオスカーの立場でも
「これでどうだっ!!」って思うし、
逆に仕返ししてるミミの立場でも
かなり「へへん! 参ったか?」って思う。
わからないのは最初の変態プレイ・・・。


?観てみる?


レビューを観ると、とっても参考になる。
先に読んでから、考えつつ観れば良かったかも。
きっとわたしは基本的に映画を軽~い気持ちで
ほんわか観るのが好きなタイプなんだろうな。
- そうじゃないのもいっぱい観てるけど。-
今回はちょっと相性が悪かった。

| | コメント (0)

2007-03-11

ゴリだね、これは。

「『赤い航路』はおもしろいよ」って勧められた。
これ、ロマン・ポランスキー氏の作品。
- まだ観てないけど、借りてきた。-

んで、勧めてくれた人が言い出した。
「ポランスキーの奥さんって、惨殺されたんだって。
 犯人はマンソン一族って人たちでね・・・。」と。
- その殺され方っていったら、恐ろしい。 聞くんじゃなかった(涙) -

マンソン・・・?
あぁ確かマリリン・マンソンって
犯罪者の名前から一部取ったのだと
いもうとから聞いた気がする。
そこでそのことを、彼女に言ってみた。
「その殺人事件は知らないけど・・・」って。

それで急遽マリリン・マンソンについての話になった。
しかし「見た目が怖キモイ人だよね?」ってくらいしか
お互いに全然知らない。
これじゃあ、お話にならないし。

これはいもうとに詳しく聞くしかないっ!
「マリリン・マンソンさんは一人だけど、
 マリリン・マンソンってバンドだよね?
 他にも人がいるんだよね?」とか。
で、CDの・・・なんて言うの?
歌詞カード(?)を貸してもらった。
- 『THE GOLDEN AGE OF GROTESQUE』というアルバムの。-
「ゴリにしか見えない。」というコメント付で。

Para-noir と Slutgarden のページと次のページ。
マリリン・マンソンさん・・・ゴリにそっくり。
もうゴリにしか見えなくなってきた。
ついでに曲もちらっと聴かせてもらったけど、
いもうとの言うとおりそんなに悪くない。
食わず嫌いならず、聴かず嫌いってやつだった。
- でも聴かないと思うけど。-

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007-03-10

おじいさんを助ける。

図書館で利用カードの更新をしてきた。
更新の仕方が全部冊子に書いてあるけど、
閉館15分前で頭が大混乱。
仕方がないから司書さんに
助けてもらってなんとか終了。
わたしもアナログな世代に入ってる(涙)

もっと困っているのは、お年寄りの方。
パソコンに出ている
「必ずログアウトしてください」という注意書きに、
かなり当惑している模様。
そもそもログインしてないから問題ないし、
検索するだけならする必要もない。
だけど、わたしも先週ログインしないと
検索できないのかと勘違いしたからなぁ。
- その上、迷子にもなったし。-

そんなわけで、検索のお手伝いをしてきた。
役に立てると、とっても嬉しい気分。
今日はいい日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-09

『SEX and the CITY
  Season6』

とうとう観終わった。
常に倍速で観てきたけど、
最終話だけは普通の速さで観てみた。
・・・こんな声だったんだね(笑)

キャリーもサマンサも変ったし、
ミランダもじわじわと家庭的に。
シャーロットにも養子縁組のお話がきて、
お話が丸~くおさまった。
「よかったね。」と思いつつも、
もう続きがないから寂しいなぁ。

ついでにNさんが言っていた、
「キャリーの胸がシーズンごとに
 大きくなってる気がするの!」説。
んー、そんな気もするなぁ。
だけどシーズンが進むごとに、
露出部分が多い服になってる感もある。
そのときの流行の問題かも?

出てくるドレスがとってもカワイイから、
「わたしもパーティーに行きたい♪」って思う。
あぁ、誰かパーティーしないかな・・・。
- 欧米人だから着こなせるんだろうけどさ。-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-08

風呂敷、ハマリそう。

けんじくんが言った。
「新しいお部屋は、アナタのお部屋よりも
 一畳半小さいんだからね。」
そこに二人分の収納をするわけだ。
「洋服もバッグも厳選して持ってきてね。」
- ん? 一部屋余ってるけど、あそこはどうするのだろう?? -

だから、大好きなBREEのバッグが
ネットで特価で売られていても買えない。
特価じゃなくても、普通の値段でも買えない。
そこで「風呂敷の可能性」がわたしの中で
一気に膨らんだのである。

そもそもヌメ革を急な雨から守りたい一心で、
かわいい風呂敷を探し始めた。
だけど、これは即席バッグとしての機能も◎。
- 最近は柄も豊富だから、好みのを選べるよ。-
そして洗えるし、使わないときは畳んでしまえるし。

ただ問題なのは、まだ慣れてなくて
キレイな形を作るのにちょっと時間がかかる(笑)
日々鍛錬あるのみ、ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-07

堺名産けし餅。

大阪にはココリコがある。
杏+(アンクルプリュス)がある。 やまちゃんがある。
- 全部いもうとに連れて行ってもらった。-
そして以前、ねぼけ堂のお煎餅(?)を頂いた。
そのとき「大阪ってステキ♪」って思った。

今回はいもうとのお友だちが、
小島屋のけし餅を持ってきてくれた。
さっきそれを頂いたら美味し~い
- ごちそうさまでした。-

「大正初期には朝香宮殿下が購入し、
 昭和の初めには皇后陛下が喜んで
 このけし餅を受け取った。
 昭和天皇はこのお餅をご覧になってから購入した。」
説明文にはそのように書かれていた。
・・・本当は、長い文章で書いてないけどね。
- わたし的解釈だと、こうなるのだ!! -

「昭和4年に天覧、昭和7年に買上」ってなってる。
天覧って、製作模様を見学したのかな?
わたしも見たい。 お店で見られるのだろうか??

とにかく、大阪には美味しいものがあるんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-06

「こりゃぁ、酒好きだな!」

わたしはお酒が弱い。
はっきり言って、ほとんど下戸。
だからそんなに飲まない。
しかし、飲みたくなるときもある。
そんなときは一缶を3日くらいに分けて飲む。

この前もそのように飲んだら、顔中に湿疹が出た。
もー、見た目がとってもキモチワルイ。
今までそんなのが出たことなかったのに!
そこで最近変ったことがなかったか、ちょっと考えた。、
思い浮かんだことは、花粉症の鼻の薬のこと。
確か一週間前から飲み始めた。
これと相性が悪いのかも??

丁度またお薬をもらう日だったから、
先生に相談してみたの。
そうしたら、お薬の注意書きには
アルコールのことは触れていなかったなぁ。
結局、「飲酒はとりあえず控えましょう。」ってことに。

でもね・・・先生はわたしのことを、
とってもお酒好きな人だと判断したらしい。
お酒について話したら、
「ははは。 こりゃぁ、酒好きだな!」って言った。
いや、全然飲めないって最初に伝えたじゃないか・・・。
たまに「強そう。」って言われることもあるけど、
みんな一体なにでそう判断してるんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-05

『部首のはなし
 -漢字を解剖する』

漢字、すっかり書けなくなってるし
漢和辞典なんて全然引かない。
でもこの本を読んでると、漢字が面白くなる。

漢字に見る男尊女卑なんて、
今まで考えたこともなかったしなぁ。
そうそう、小ネタ的な話も載っていた。
日本では「うやうやしい」という意味の「恭」も
中国では今やお手洗い関係の言葉だそうだ。
でもその大本となった意味は、
やはり「うやうやしい」であるとか。
あとね、出版社によって部首の分類が
異なることがある漢字もあるんだって。

そんなことが部首の意味と一緒に書いてある。
興味深い本だったよ。

?読んでみる?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007-03-04

掃除したのに・・・(涙)

東芝のエアロサイクロンっていう掃除機を買った。
サイクロン式の掃除機の中でも、
ちょっとだけ音が小さそうだったから。
その上、安かったし。

ただし他のメーカーのはフィルターのお掃除を
機械自体が自分でしてくれるけど、
ここのは取っ手を数回動かさなくてはならない。
だけど実際ゴミが手に触れるわけでもないし、
お手入れ以外のときにお掃除するわけじゃないから
そんな手間はたいした問題じゃない。

で、早速使ってみた。
結構埃がたまってて、ゴミが見えて嬉しい気分。
嬉しくてカップをはずして見ていたら、やってしまった・・・。
絨毯の上で、うっかりゴミ捨てボタンを押した。
せっかく綺麗にしたのに、またゴミを撒いた。
あまりの汚れ様に、1回目にしてイキナリ
掃除機のお手入れもした。

てゆーか、中身が見える掃除機って楽しい。
今まで見えないタイプだったから、
今日買った掃除機が実際すごいのかわからないけど、
サイクロン式に感動した。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007-03-02

図書館で迷子になる。

市の図書館のシステムが変わったそうで、
1日からまた予約ができるようになった。
もちろん貸し出しも。

ゴーゴリの『外套』も読みたいし、
三崎亜紀氏の『失われた町』も気になる。
だけど阿辻哲次氏の『部首のはなし』を
読んでる最中だしなぁ・・・。

だけどたまたま千葉に用があったから、
中央図書館に寄ることにした。
ここはわたしの頭の中で
「アメイジング図書館」って変換される。
雑誌も洋書もあるし、キレイで好き。
そして丁度見たかった
「ふろしきの本」も運よく発見した。

何度も利用しているとはいえ、
ここの図書館はいわばアウェイ。
今までに「文学」と「言語」、
「雑誌」の棚しか利用したことがない。
そんなレクチャー関係の本なんて、
どこにあるのだか知らないよ・・・。

配置図も調べたのに、全然見つけられない。
・・・というか、現在地がどこなのかも
実はわからなかったり(苦笑)
気づけばたった一冊の本を探すのに、
既に30分は経過してる!!

で、結局司書さんに助けてもらった。
自分がこんなに方向音痴だって知らなかった。
今年に入ってから、一番の驚愕な出来事だった。
一つ文句を言わせてもらえば、
配置図に現在地も入れてくれたら
- もしくは、文字で分類を入れてくれるとかしたら-
きっとこんなに苦労しなかったのに。

でも! 中央図書館、愛してる♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-03-01

熨斗を用意する。

ついに大型家具や家電を新居に入れるので、
ご近所にきちんとご挨拶をせねばならない。
挨拶の品につける熨斗紙に名前を入れたいけど、
なんせ筆ペン講座は挫折したから超困った。

だけど便利な世の中だねぇ、
パソコンで印刷するっていう手があったよ。
それをもっとアナログ世代の母親に提案された。
- なんだか悔しい気もするけど・・・。-
おかげでなんとかなった。 よかった♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »