« お酢と重曹を持って、いざ出陣。 | トップページ | 発見っ! »

2007-02-11

『柔らかな頬 上・下』

桐野夏生氏の本は
読み始めると没頭してしまう。
なので、「絶対家では読まない。」と決めて
いつも昼休みに読むことにしている。

なのに予想外に掃除が早く終わってしまって、
手持ち無沙汰だったからつい読んじゃった。
一気に読み終わったわけですが・・・、
犯人は誰なんだろう?

内海さんの最後の夢に影響されて、
勝手に「お前か!」ってことにしたんだけど。
結局みんな怪しい。
もうしばらく経ったら、また読み直してみようかな?


?読んでみる?


たぶんわたしには「自分で考えて」的な
お話は向いていない。
小説も映画も不完全燃焼は嫌いだ。
だから、『柔らかな頬』も納得がいかない。
- しかし、この人の文章は一気に読めちゃうんだよね。 -

Nさんに「誰が犯人だと思う?」って聞いてみよう。
きっと人それぞれ感じ方が違うんだろうな。

|

« お酢と重曹を持って、いざ出陣。 | トップページ | 発見っ! »

コメント

schokosで、頬みたいな納得♪
だからきょうJanは、ここへ最後も没頭すればよかった?
なのでschokosとここにschokosの手持ち無沙汰は没頭された!

投稿: BlogPetのJan | 2007-02-12 14:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お酢と重曹を持って、いざ出陣。 | トップページ | 発見っ! »