« 『イヌゴエ』 | トップページ | やっぱりね(涙) »

2006-12-18

『ローズガーデン』

ミロシリーズの短編集があると聞いて、
読んでみることにした。

一作目でチョロっと出てくる、
ミロの亡き夫・博夫のお話が最初。
これが『ローズガーデン』。
博夫ってデリケートで
愛情深いイメージだったから、
このお話を読んでイメージが崩れた。
「超正反対の人だったのね・・・。」と。
そうそう、こうも思った。
「あれ? ミロが単身赴任させたんじゃないの?」

最初の『ローズガーデン』は
あんまり面白くなかったけれど、
次に続くお話たちは結構良かった。
『漂う魂』には「うんうん。」って思ったし。
悪意に満ちた日常って
ともすれば周りにもあり得るから。

?読んでみる?

あと一作ミロシリーズがあるっぽい。
それも早く読まなくちゃ。
ひとつハマると、なかなかそこから
離れられないタイプってやつです。

|

« 『イヌゴエ』 | トップページ | やっぱりね(涙) »

コメント

こんばんは♪
ミロシリーズをお読みになっているのですね。
私もハマって全部読みました(笑)
ミロのお父さんの話も・・・
でも、読んでいくにつれ、最初のミロ像がどんどん変化していくので、いいような悪いような・・・。
そして今は若竹七海さんの本にハマっています。

投稿: たま | 2006-12-18 23:07

再び、こんばんは♪、です。
この短編を先に読んでしまうと、
ミロに対する見方が変りますよね??
わたし的には、後から読んで正解でした。

たまさんは今、若竹七海さんに
ハマっているのですね~~。
わたしはもう暫く桐野夏生さんの世界に
使っていそうな気配です。
連載中の『IN』も本が出たならば
読んでみたいなぁって思っているところです。

投稿: schokos | 2006-12-19 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156998/4595148

この記事へのトラックバック一覧です: 『ローズガーデン』:

« 『イヌゴエ』 | トップページ | やっぱりね(涙) »