« 『SEX and the CITY
 Season1』
| トップページ | 『バウンド』 »

2006-11-19

『顔に降りかかる雨』 / 桐野夏生

以前コメントをつけてくださった、
たまさんのお勧め本を読んでみた。
予想通り暗黒な雰囲気が満載だけど、
なかなか良かったと思う。


主人公の名前、「ミロ」を目にするたび、
あの麦芽飲料のミロとパッケージの緑色が
バシバシと頭に浮かんで
「あぁ、これは入っていけないかも・・・。」
って最初は思ったの。


なんせダン・ブラウン氏の
『パズル・パレス』を読んだときも、
トクゲン・ヌマタカ(←日本人!!)が出てきた瞬間
かなり引いたぐらいだから。
わたしにとって、名前ってそれくらい重要らしい。


文体は読みやすくて、ぐんぐん読めちゃう。
気づいたら半分ちょっと進んでたかな?
そしたら、そこから面白いじゃないですか。
いつの間にか「あなたが一番怪しいんじゃ?」って
物語に入っていく自分がいた(笑)


あんまり推理物を読まないし、
読んでも謎解きに参加しないわたしだけど
一緒に考えながら読んだのは
『ダ・ヴィンチ・コード』以来かも。。。


?読んでみる?


ついでに、「ミロ」はもちろん
飲み物には全然関係がなくて、
ミロドラゴヴィッチからの命名なんだそう。
しかしその探偵が出てくるお話を
一度も読んでいないので、「へぇ。」と思った。
今度ジェイムズ・クライリー氏の本を
図書館で探すんだろうなぁ、きっと。

|

« 『SEX and the CITY
 Season1』
| トップページ | 『バウンド』 »

コメント

こんばんはー!
以前勝手ながらお奨めした本を読んで下さったのですね。ありがとうございます。
最初は何気なく読み進めていたのですが、なんだかミロの頑なさがなんだかカッコよくなってきて、今でも時々読み返してしまったりします。
schokosさんのお奨めの本などもありましたら教えて下さいね。

投稿: たま | 2006-11-19 21:32

読み応えのある本を教えていただいて、
こちらこそありがとうございます♪
実は『天使に見捨てられた夜』を
読み始めているんですよ!!
ハードボイルドっぷりに期待しながら。

わたしは藤本ひとみさんの
『ハプスブルグの宝剣』をお奨めします。
こちらも主人公が強いんです。
いろんなことを乗り越え、乗り越え、
突き進むところがいいです。
・・・まだ「この本、いいね。」って言う人に
会ったことはないんですけど(;・∀・)

投稿: schokos | 2006-11-22 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156998/4241565

この記事へのトラックバック一覧です: 『顔に降りかかる雨』 / 桐野夏生:

« 『SEX and the CITY
 Season1』
| トップページ | 『バウンド』 »