« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006-11-30

お腹はかなり丈夫です。

目の前に、去年I野さんにもらった
アメリカ土産のシリアルがひと箱。
賞味期限は・・・6月に過ぎてます。
コレ、、、食べても平気かなぁ。
見たところヤバイ感じはしないんだけど。

でもー、去年のクリスマスにもらった
ドイツのシュトレンは賞味期限前にカビた。
外国のパッキングには少々疑問が・・・。

そもそも期限が過ぎてるんだから、
パッキングは問題ではないか。
ん、やめておこう。 それがいいよね。
半年も前だしね、当然だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-29

マスカラの成果。

わたしの睫毛は、真下に向かって生えている。
そしてかなり短いっ!
その上、瞼は一重だったりする。
ものすごーくアイメイクしがいのない目を所有。

でもめげずに毎日ビューラーで
申し訳程度のカールをつけ、マスカラを塗る…。
人と比べてちっとも上がってないけれど、
実は重大な変化があったりするんだよね。
睫毛をいじると、なんと二重になる!!

マスカラ本来の仕事はしてくれてないけど、
マスカラ様々な今日この頃。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006-11-28

スポーツなのかわからない。

レッスンで「チェスはスポーツなのよ。」と言われた。
わたしが思うスポーツとは、身体を動かして汗をかくもの。
その旨を訴えたら、インストラクターも同意した。
たまたまTobiasくんともチェスの話題。
彼も「スポーツとは思えないよね。」って。


そしたら、今日気になるニュースを見た。
ドーハのアジア競技大会にはチェスも入ってる。
やっぱりスポーツなんだね・・・。
じゃあ、将棋もスポーツ?
ちょっと広辞苑でも引いてみるか。

【スポーツ】
・・・(省略)、遊戯・競争・肉体的鍛錬の要素を含む
身体運動の総称。

ん~、チェスは肉体的鍛錬の要素を含んでるか?
まぁ...スポーツだって決まってるんだから、
わたしの思うところを主張しても仕方ないけど(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-11-26

『ユージュアル・サスペクツ』

お食事会も無事に終わり、
ほっとしたところで再びDVDを観た。
だって今日までに返さなくちゃ!!


NさんとS野さんに「これいいよ!」って
かなり薦められて観るに至ったの。
そしたら面白い
もう一度ちゃんと見直したいかも。
てゆーか欲しい。 


悪そうな人たちがいっぱい出てきて、
汚職とか麻薬とか宝石とかそんなのが出てくるから
「まさか痛怖いんじゃ?」って思ってたの。
- だからいもうとに傍にいてもらった・・・。-
だけど気持ち悪いところのない
映像的にキレイなお話だった。

?観てみる?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『THE3名様
 渚のダンシングナイト!』

本日はけんじくんのご両親と
うちの両親&いもうとの対面の日。
いてもたってもいられないから、
DVDでも観て時間まで気を紛らわす・・・。
こんなときにはゆる~いのを観ないと!
- 緊張を解すどころか、だらけた感じになりました。-


店員さんまでツッコミ役になってて面白かった。
毎日通ってるから、名前も覚えられてたし(笑)
レンタルの延滞金のトコロなんかは、
わたしも今ミッキーと同じ状態になりつつある。
「わかる、その気持ち!」って思いながら観てた。

?観てみる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『THE3名様
 春はバリバリバイトっしょ!』

この前恐らく1枚目・2枚目のDVDを観て、
すっかりハマった『THE3名様』。
じわ~じわ~っと笑えた、前回。
『~春はバリバリバイトっしょ!』は、
・・・ボンッ・・・ボンッ!と笑いの波がきた。
- サブタイトル、こんなんだけど
        ちーっとも働いてないしね(笑)-



最後に入ってる歌の歌詞、
「サンメー!サンメー!
 らっしゃい!らっしゃい!」

頭から抜けずにまた楽し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-24

『天使に見捨てられた夜』
/ 桐野夏生

シリーズ第一作目を読んだ勢いで、
そのままダダダーっと読み始めた。
一作目に比べて気持ち悪さとか
ドキドキ感は少ないけど、
なかなか面白かった。
- あ! 怖がりだから、
 気持ち悪くなくて良かったんだ。-


強靭で普通の女性とは
かけ離れているイメージだったミロが
今回はちょっと近しい感じ。
「解説」の言葉を借りれば、
カッコ悪い ところもあったり。
完璧な人よりも、どこか欠点がある方が
親近感があっていいかも。

?読んでみる?


フィリピン人の女の子たちが
国に帰ってしまったから、
「ミロチャーン!」って台詞無くて
実はちょっと寂しく思った。
新しい隣人のトモさんは重要だけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-23

『オペレッタ狸御殿』

独検も終わったし、今日からDVD祭りだっ
・・・というわけで最初に観たのが、
この『オペレッタ狸御殿』。

ダメだ・・・、コレはちょっと退屈だ・・・。
でも由紀さおりさんにはラップにはウケた。
あと衣装の色づかいがキレイ。
狸(♀)の股下から狸(♂)が出てきて
ポコポコ踊ってるシーンは楽しかった。

半額で借りてきて良かった...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀕死ですか?

瀕死ですか?


近所の公文式の教室の前を通る度、
「大丈夫ですか?」って思う(笑)


星型に切った紙に「ひ」と「く」が
一文字ずつ10枚・計5組。
そんなに「ひく」を連呼したら、
まるで瀕死の人だよ ヘ(´Д`)ヘ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-19

『バウンド』

痛怖くて、ハラハラする映画を見た。
何故だかわからないけれど、
S野さんがビデオを貸してくれたから。

始まったときから「もしや・・・?」と思い、
逃避できるように折り紙・折り紙本を手に
観始める始末・・・、小心者だからね ( ;゚Д゚)

画面が全体的に赤いときは、
字幕だけを読めるように画面を隠し、
拷問(?)シーンでは音だけ聞いて折り紙・・・。
-母の話によると、指を切るんだかだったから
 一瞬でも見てたら、折り紙どころじゃないはず。-


だけど面白かった。
- そんな観方だから、信じてもらえないかもだけど。-
話がシンプルなだけ、わかりやすくて。
そして女性のたくましさを感じる。
?観てみる?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『顔に降りかかる雨』 / 桐野夏生

以前コメントをつけてくださった、
たまさんのお勧め本を読んでみた。
予想通り暗黒な雰囲気が満載だけど、
なかなか良かったと思う。


主人公の名前、「ミロ」を目にするたび、
あの麦芽飲料のミロとパッケージの緑色が
バシバシと頭に浮かんで
「あぁ、これは入っていけないかも・・・。」
って最初は思ったの。


なんせダン・ブラウン氏の
『パズル・パレス』を読んだときも、
トクゲン・ヌマタカ(←日本人!!)が出てきた瞬間
かなり引いたぐらいだから。
わたしにとって、名前ってそれくらい重要らしい。


文体は読みやすくて、ぐんぐん読めちゃう。
気づいたら半分ちょっと進んでたかな?
そしたら、そこから面白いじゃないですか。
いつの間にか「あなたが一番怪しいんじゃ?」って
物語に入っていく自分がいた(笑)


あんまり推理物を読まないし、
読んでも謎解きに参加しないわたしだけど
一緒に考えながら読んだのは
『ダ・ヴィンチ・コード』以来かも。。。


?読んでみる?


ついでに、「ミロ」はもちろん
飲み物には全然関係がなくて、
ミロドラゴヴィッチからの命名なんだそう。
しかしその探偵が出てくるお話を
一度も読んでいないので、「へぇ。」と思った。
今度ジェイムズ・クライリー氏の本を
図書館で探すんだろうなぁ、きっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-11-18

『SEX and the CITY
 Season1』

今更ながら観ている・・・。

だが、しかし! 

試験前だから、Season1の1をちょっとずつ。
お喋りに参加してる気分になったりして、
軽快でおもしろーい。

先に観てSeason6まで到達したNさん。
今日わたしに言ったことは、
「キャリーの胸をよく見てて!
 6ではすごいことになってるから。」
はて、何がすごいのか??
「だんだん大きくなってる気がする。
 豊胸でもしたのかなぁ・・・?

そんなわけで、知らず知らずのうちに
胸元に目が行ってしまう。。。
おっさんみたいなschokosなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-17

喜んでもらえた♪

Tobiasくんからメールがきた。
その一番最初にどどーんと
バースデーカードの件が書かれてたの。

Germanyのスペリングを間違えたから
-↑不本意ながら・・・。-
「届いてないんじゃ?」とか、
かつて郵便局員さんから
何度も賜った呪いの言葉を思い出して
-↑「最悪破棄されるかも知れませんねぇ。」とか。-
心配してたけど無事に届いてた。

Aちゃん、どうもありがとうって書いてあったよ。
「とってもキレイだし才能があるね。」って!
それにね、すごく喜んでくれてたの。
- わたしも一緒に嬉しいし♪-
お誕生日大作戦に手を貸してくれて、
本当にどうもありがとう★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-16

国名を変えちゃったのか・・・。

オーストリアが日本語名を変えたと、
どこかのニュースでやっていた。
今度はオーストリーになったらしい。


「ドイツ語の名前にしたほうがいい」って
在日の女性が言っていたけど、わたしもそう思う。
エースタライヒ(Österreich)にすれば、
オーストラリアと間違われずにすむのにね?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006-11-15

いいな、南の島・・・。

本○さんの話によると、
年末・年始のハワイ旅行の値段が
どうやら40数万円するらしい。
それでもめげずに予約をしようとしたら、
もう数百人単位でキャンセル待ちだとか。


ハワイ、確かにいい所だったけど・・・、
わたしは40万は出せないなぁ。。。
お金って、あるところにはあるんだね。
でも南の島に行って、のんびりしたい気もする。
貧乏なのがネックだけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-14

もうお手上げ・・・。

郵便貯金のモバイルサービスに
ログインしようとしたら、
どーにもこーにも
パスワードが思い出せない。


自分で決めたパスワードなのに、
なんでこーなるかなぁ?・・・だ。
銀行のキャッシュカードの番号を
3回連続間違えちゃって、
取引を止められたこともあるし・・・。


この弱い記憶力をどうにかしたい(涙)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006-11-12

『王妃マリー・アントワネット
 <青春の光と影>』
/ 藤本ひとみ

来年公開されるらしい『マリー・アントワネット』。
なんとなく気になっているので、きっと観に行くと思う。
でもその前に、テーマが「マリー・アントワネット」の小説でも
読んでみようかってことで、この本を手に取った。


これは藤本氏の普段の歴史小説とは
ちょっと違う書き方をしてた。
物語を読むというより、生まれてからいよいよ危うくなる
一歩手前までの流れをざっと読む感じ。

ベル薔薇のようなキラキラ感はなく、
遠藤周作氏の『王妃マリー・アントワネット』みたいに
危機感が迫ってなくて怖くない。
見出しが細かくついてて、読みやすかった。
「マリー・アントワネット入門書」みたい(笑)


?読んでみる?


ウィーンのホーフブルグの王宮・食器博物館に
ポンパドゥール夫人から贈られた
伊万里焼だったか・・・日本の陶器が展示されていた。
この本を読みながら、勝手に思った。
「あー、だからあれがあそこにあったのか」と。
- 違うかもだけど。-
公式愛妾制度かぁ。。。
フランスってすごい国だったんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-11

Famiポートに苦戦する。

インターネットでお買い物をするけど、
なんだか信用できない。
クレジットカードの番号なんて、
できれば入力したくない。

だから Amazon のコンビニ払いを利用。
とっても便利で助かってる。
だけどいつもあの機械に悩まされるんだよね。
コンビニの機械って、わたしにとっては
多機能で、暫く考えないと動かせない(涙)
毎日いじるならまだしも、滅多に触らないからなー。


今日もホントにすご~く手間取った。
隣でコピーをとってた女の子に
きっと怪しまれてた・・・ような気がする。
怪しい者ではないですから、
ただの機械オンチなだけですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-10

そこが知りたいの。

ただいまカフェでご飯中。
んでもっていろんな話が聞こえてくる。
お向かいのおばさんさんたちは
ペットの話をしていて、どうやら犬派らしい。
今は猫の困った点を挙げている。


わたしは特に猫嫌いじゃないけど、
彼女たちに賛同することが1件。
うちの玄関前の花壇が、おトイレ化していること!
ホントに臭くて困ってる(;-_-;)


「猫の嫌いな臭いがあるのよね。
 あれを置いたら平気になったけど。」
「そうそう、あれね。」
うがぁ〜〜、肝心なところが代名詞(泣)
二人で納得しないでー! わたしも知りたいの!!


そういえば市役所のS野さんが、
「タバコの吸い殻を置くといい。」って
言っていた気がするなぁ…。
でも…どれだけいるんだろう?
うちは誰もタバコを吸わないし、
これは集めるのに一苦労だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-11-08

買い物と
おばちゃんみたいな独り言。

無印良品のシャープペンが壊れた。
とっても使いやすかったから、
再びそれを購入しようと決めた。


正式名称は、
ポリカーボネイトシャープペン
(ラバーグリップ付) 税込84円!
- 値段は名称じゃないか(笑)-


「無印良品は生殖機能に影響を与える
 ステビアを使用しないでお菓子を作ってるんだよ。」
・・・というけんじくんの発言を思い出し、
「安全ならば。」とついでにのど飴も買ってきた。
子どものいないわたしたちには、重大問題だからねっ。


その道すがら、bay fm を聞いていたの。
「冷凍団地の標識が気になる。」っていう
メールが読まれたとき、その付近にいたものだから
「あーそれはねー、この一体にはさ
  いろんな冷凍の倉庫が建ってるんだよね。」と会話。

「近所に餃子を売りに来る車がきた。
  肉餃子、野菜餃子、カレー餃子・・・。
 冷凍の餃子を売っているのかな?」と聞けば、
「キムチ餃子もあるらしいよ。 
 おじさんがフライパンで焼いてた!
 先週、偶然会社帰りに見たんだー。」と会話。

勝手に話に参加している(←気分)自分がいた。
ちょっとさびしいと思うと同時に、
着実におばちゃん化していることも実感。
すごく微妙な気分...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-07

バッテリーの交換を頼む。

VAIOの【サービス・サポート号外】っていう
メールが先月半ばにきた。
書き出しはこう。(↓)
「パーソナルコンピューターVAIOの
 バッテリーにつきましては、お客様には
 大変ご心配をおかけしておりますことを
 深くお詫び申し上げます。」


「えー、なんにも心配してないよ?
 わたしのはきっと関係ないでしょ。」
そんな感じにぽやや~んとしていたら、バッチリ該当しました。
世間を騒がせた、例のバッテリーの不具合・・・。

ようやく重い腰を上げて、カスタマーリンクへ電話をした。
こういうとき、どう切り出していいものかわからず、
「この前、バッテリーパック交換対象かどうか、調べてみましょう!
 ・・・っていうメールが届いたんですけど・・・対象みたいです。」
普段電話対応のない業務についているため、
しっちゃかめっちゃか ┐(´д`)┌
この年になって電話対応が出来ないって、とっても恥ずかしい。


ちなみに来月の頭には、新しいものが送られてくるそうだ。
VAIOくん、それまで火を噴かないでおくれよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006-11-06

痔について考える…。

日本人の3人に1人が痔なのだそうだ。
かといって、わたしは痔ではない。
でも「痔は生活習慣病です!」ってことは、
わたしも痔になる可能性を持っているってことでしょ。。。


それでね、予防方法が5つくらい紹介されていたの。
1.トイレに長居しない。
2.体を冷やさない。
3.生活リズムを整える。
4と5はなんせ金曜日に観たテレビだから、
すっかり忘れちゃった。
しかもたぶん、自分に該当しないから
こんなにもきれいさっぱり忘れた模様。


そんなわけで、土曜日からひざかけを掛けて働いている。
これできっと防げるはず??
随分痛いらしいから、絶っっ対になりたくないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-05

『飛ぶ教室』

昨晩から体調がすぐれなくて、
せっかく取ったNOVAの予約もすっぽかし
独検の勉強もやれずじまい。。。
- こりゃもう落ちるな(涙) -


とりあえずドイツ語から離れずにいようと、
夕方に『飛ぶ教室』を観た。
- その早いドイツ語に多少凹むんだけど・・・。-
何度観ても、ウリーがかわいい♪
原作とは設定がちょっと違うけど、いいお話。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-04

命知らず、ここに在り。

さっき、高速を走っていたら
こんな表示が出ていた。


「走行者有り」


は? 走行者?? 車じゃなくて者?
そこでけんじくんが言った。
「俺、前に自転車の人を見たよ。」


わたしたちは下り線を走っていた。
まもなく左の隅っこの方に
こちらへ向かってくる走行者を目撃!
それも自転車を引いて、のんびり歩いてた!!
「あの人・・・、前の人だよ。 たぶん。」と
けんじくんは呆れ顔。


料金所の人に「あの辺りにいました。」って
伝えてみたら、おじさんもやや呆れ顔。
さっきからパトカーで追ってるけど、
近づくと中央分離帯を越えて
反対車線を逆行して逃げるらしい。
さすが常習者...捕まらない知恵?(苦笑)


でもよくもまぁ、ビュンビュン車の通るところを
自転車を担いでまたいで横断するよね・・・。
【命知らず】ってやつに入るのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-02

手巻き寿司の反省と
今後の対策。

今日はけんじくんを招いて、手巻き寿司♪
招くというと聞こえがいいけれど、
ハッキリ言ってわたしより働いていた・・・。
終了した今、反省点と対策を考えてみた。


①寿司酢(ごはん3合に対して)
 お酢→大さじ5、砂糖→大さじ4、塩→小さじ2
 これはミツカンの紹介する作り方。
 我が家もけんじくんも甘党ではない。
 そして酸味を好む。 
 今後は、お酢は多めに。 砂糖は少なめに。

②納豆
 「手巻き寿司用の納豆に
  辛子としょうゆは入れるな!」

 といもうとに言われる。
 ・・・確かに、納豆巻きの納豆には味がないや。
 うっかりしちゃった。 条件反射ともいう・・・。

だけど誉めるべき点もあり。
先月行ったお寿司屋さんのサーモンには
マヨネーズにこしょうを混ぜて乗せてあった。
今回、真似してマヨネーにこしょうをかけてみた。
母親にも好評だった★
今度は玉ねぎのスライスも用意しようっと。

そんな感じの手巻き寿司だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-11-01

じゃ、誰?

「コーヒーを飲む子っ!」と母親が言った。
わたし→りんごを食べながら挙手。
いもうと→返事をしつつ挙手。


すると母親はこう答えた。
「うちにはもう、【子】はいませんっ!!」
しかも、ニヤっと笑って。


確かにみんな大人ですよ。
でも・・・じゃあ、その質問はなんだったの?
結局みんなで飲んだけどさぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »