« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006-10-31

お誕生日大作戦③

お誕生日は目前だというのに
最初の予想が的中して、ギリギリ発送。
・・・先週は寝込んじゃったからね(涙)


急いでドリカムの「HAPPY HAPPY BIRTHDAY」と
- 古いけど、お誕生日だし。 好きな曲だし。-
SMAPの「ありがとう」を8cmのCD-Rに落として・・・。
- 「健全な歌詞じゃないとね!」ってことで。-
今回もダイソーにお世話になったの。
「そんな小さな CD-R が存在するとは!!」ですよ。
Aちゃんにもずいぶんとお世話になりました。
- カード、本当にどうもありがとう♪-


郵便局に行くなり、「ドイツですか・・・?」と聞かれた。
なぜならば。。。
「これ、ジャーマニーじゃないですねぇ。
  ん゛~・・・、E が抜けてますよ。」

あぁ、英単語が綴れなくなってる。 ノ(´д`*)

「たぶん届くと思うけど・・・。
 いやっ、どーかなー・・・??」と
かなり深刻に、しかし曖昧に悩み気味なので、
「書き直します。」って自己申告。
そしたら、大きく GERMANY って書いてくれた。
一瞬、「書初め」を思い出したりー(笑)
かなり恥ずかしいので使い終わった後、
ATM の隣のシュレッダーにかけました・・・。


今日はキレイな切手も買ったから
お友だちにもお手紙を書こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-29

『マサイの恋人』 / コリンヌ・ホフマン

今年のドイツ映画祭で上映された
『マサイの恋人』の原作だそうだ。

名前も、どんな人かも知らない
外国の人に恋をする。
それくらいならば、できるかもしれない。
でも! その人のために、財産や
今の恋人そして自国を捨てるなんて
わたしには到底できない。


コリンヌの熱さに圧倒された。
「やっぱりね。」と言えばそれまでなんだけど、
文化の違いで二人はすれ違ってしまう。
それでも生活や病気に耐えながら、
働こうとする彼女の強さってすごい。
けどちょっと引く・・・かも(笑)

?読んでみる?


今後映画館で公開されるのかな?
そしたらきっと観に行っちゃうな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『くそったれ、
 美しきパリの12か月』
/ スティーヴン・クラーク

自費出版でまず200部、ネットや口コミで広まって
イギリスでベストセラーになったという本書。
わたしの場合は、表紙のやる気のなさそうな犬と、
タイトルが気になっちゃって読み始めた。


オシャレで自由なフランス、伝統のイギリス。
二つの国の間に挟まれ生き抜く
27歳・イギリス人ビジネスマンのお話。
【イギリス人像】に辟易しながら
孤軍奮闘する主人公に同情したり、
うんざりしたり、頑張れって思ったりしながら
読む小説なわけです。。。

?読んでみる?


「利害関係がぶつかったら、
 フランス人は情け容赦ない。」って
経済地理の本で読んだことがある。
「ん、ホントにそうなんだね。」と笑っちゃう。
同時に、こうも思う。
「イギリス人も衝突を避けるべく、
 愛想をふりまくこともあるんだね。」
なんか日本人みたい。

お話の最後に、ティールームを開くことになるポール。
すったもんだを克服して立ち上げる新事業が
一体これからどうなるのか、すごく気になる。
「前半のちょっとが要らないから、
  その分続きを書いておくれよ(泣)」って思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-26

「Pinke Pilze」をひとかじり。

厳しくも優しい妹から、Katjes の
ピンクのきのこのお菓子をもらった。
「お菓子のくせに、きのこだしピンクだし
 ムニョムニョですっげー怪しい・・・。」って
思いながら食べてみたら、美味しいのね。


いっぱい食べるんじゃないなら、これはいいね。
一日3個とか、一日3回各3個とかなら。
でも何味かイマイチよくわからない。
ベリー系の何か・・・の味?


それでいもうとに聞いてみた。 「何味?」と。 
いもうと、答える。
「さぁ、何味だろうね。」
それでもやっぱり「美味しい。」と言っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-25

お散歩。

下石神井のちひろ美術館を目標に、
マ○とのんびりお散歩。
特急に乗りちょっと先の駅まで行っちゃったり、
乗り換えしようとしたら
目的の路線を見失ったりと結構珍道中。


予定より多く歩き回ったけれど、
小さな居心地のいい美術館はもちろんのこと
気候もよく歩くのにも気持ちがよくて、
「素晴らしい休日ってこのことね!」って思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言霊・・・?

一昨日のNOVAのレッスンで、
お医者さんにかかるときの会話の練習をした。
・・・つたないドイツ語で、お医者さんこっご状態。


そんなわけで、仮想医者(実際の職業も医者)の
ジロウさんにわたしはこう言ってみた。
「ゴクンってすると、喉が痛いんです。」
そのときはもちろん想像上のこと。


なのに、レッスンが終わるなり本当に痛くなった。
明け方には発熱。 仕事を休む羽目に !!
そして一日明けて、やっと起き上がれるようになった。


言葉を発すると、それが現実になる・・・って、
あれでしょ、あれ! 言霊ってやつ。
こんなときだけ能力を発揮してくれた(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-22

『ワールド・トレード・センター』

先月『ユナイテッド93』を観たとき、
丁度予告されていた『ワールド・トレード・センター』。
念願かなって、やっと観てきた。


前者は結果がわかっているものの、
「頑張って、助かって!」と思いながら興奮気味に観た。
後者もやっぱり結果がわかっている。
二人とも助かるはずだから、安心して観られるのに
やっぱり「頑張って!!」と思って観てしまった。


当時この映画の二人のように、
励ましあいながら助けを待っていた人が
何人もいたに違いない。
そしてその多くが助からなかった。
隙間から差し込む光に希望を持って
必死に苦痛に耐えていたのだろうと思うと
胸が締め付けられる。


警察や消防隊員だけではなく
善意の人が自ら救出に向かったりと、
「人間も捨てたもんじゃないね。」と感じた。
でも、今この救出に関わった人たちに
体調の被害が出始めているという。
ニュースは保障が十分ではないのだと報じていた。


海のずっと向こうの国のことだけれど、
このニュースを聞いたとき悲しくなった。
きっとわたしたちにできるのは
二度とこんな大惨事が起きないように、
人種や宗教を越えて平和な世界を作ること。
まずは周りの人たちと良い関係を築いて、
お友だちをもっと大切にしなくちゃな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-21

ハロウィーンカードと
イタリアのお土産。

そうそう!サッカー観戦に一緒に行った、
Aちゃんとマ○からいただき物があった。

Aちゃんからは、ハロウィーンのカードとお菓子。

Halloween_vorderseite_1 Halloween_rckseite



←左が表で、右が裏。


立体になっていて、中にはキャンディーが入ってた。
- Aちゃん、いつもどうもありがとう。-


マ○からは、イタリアのお土産をいただいた。

Ein_kse_und_schokos_1
←チーズとチョコレート。



ドイツ料理店でチーズの盛り合わせを食べて以来、
ハマリ気味なので超嬉しい。
- マ○、どうもありがとう。-

今日は旅行のお話が聞けなかったけど、
来週一緒にお出かけするときに
ぜひいろいろ聞きたいよ♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ジェフ vs アルディージャ

前半1分で点を入れられ、
結局1―3で負けちゃいました…。
負け試合しか観たことがないよ(・_・、)


だけど今日はスタジアムで、
サマナラのカレーを食べられたからいいもん。
カップ入りのカレーに、巨大なナン。
狭いシートで食べるのが一苦労だったけど
すんごく美味しかった♪


ん?…なんだか今晩のゴハンはカレーの予感。
家に着いたら、カレーの香りが(;^ー^)
いいよぅ、食べるよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-19

買えるかなぁ。。。

Robert Sabuda 氏の
『The 12 Days of Christmas』か
『CHRISTMAS ALPHABET CARDS』が欲しい。
もう見てるだけで、幸せ~な気分になれそう。
素晴らしいポップアップの世界です...

でもホームページのハロウィンのカードの
フランケンシュタインはちょっと気に入らない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-18

Cafe Nico でお茶。

以前 mixi のコミュで見つけた Cafe Nico
とっても行きたくて、今日はお店探しに出かけたの。
住宅地にあるので、一回目は迷って
二回目は通り過ぎそうになったけど無事に着けた♪


初めて入るお店になかなか独りで入れないし、
友だちと一緒でも何故か無口になるわたし。
だけど、意を決していざ中へ!!
- たぶんすごく怪しいお客と化してた。-

小ぢんまりしてて、かわいい店内に
写真どおりの店長さんがいた(*^o^*)
しばらくしたら、感じのいい中年の女性がやってきて
ゆったりしたお喋りが始まったのです。
ここでやっとわたしの緊張も解けて(?)
マロンラテをいただきながら読書をしつつ
のんびりした時間を過ごさせてもらっちゃった。

スタバもいいけど、ここもまた良し!って感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-16

お誕生日大作戦②

少しずつ準備しているお誕生日のお祝い。
今日は一番肝心のカードに文字入れしてみた。


カードの表はエンボス加工でキレイ。      Eine_karte_zum_geburtstag_1


←色がキレイに出なかったけど、
  ピンクと白と薄いピンク。



失敗しないように練習してから
慎重にメッセージを書いた・・・上に。
- 入念に作文したけど、
 きっとすごく間違ってると思う。(涙)-

Eine_karte_zum_geburtstag_2
←中はカリグラフィー♪
  Aちゃんの力作。



余談だけど、今日はAちゃんから
新しいカードが届いた。
こちらはカリグラフィーじゃなくて、
パーチメントクラフトのカード。
- Aちゃん、ありがとう。-

Eine_karte_von_herbst

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-15

応募するか、買うか、
はたまた借りるか。

今日「どうぶつ奇想天外!」で観た、
アメリカの Angel's Gate の活動。
ポメラニアンのリハビリの様子に、
「ポメくん、頑張れ、頑張れ!」と涙目に。


「いいことをしているなぁ。」って感動したので、
ここのホスピスの代表者が書いた本、
『ありがとう。ラッキー』をすごく読みたい。

今日のプレゼントクイズの品になっているけど、
ダメもとで応募してみるか・・・。
いやいや、自分で素直に買った方が確実。
でもハードカバーをしまうスペースがない。。。
- 文庫本だそう。たぶんペーパーバックサイズだな。-
なんなら図書館で探すか? 
かなり迷い中だったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-12

お誕生日大作戦①

もうすぐTobiasくんのお誕生日。
ドイツでは誕生日より前にお祝いするのは、
よろしくない模様なのであります。


でもっ! ぽーっとしている間に、
きっとすごく遅れまくっちゃう。
なぜなら、お手紙書くのだけでも
結構四苦八苦してるから。
そんなわけなので、早めの準備をしてる。

折角お手紙を送るから、
日本の文化にも触れてもらおうと
いろいろ考えてみた。
そしたら、「紋切り型」っていう紙遊びを
いもうとが発見してくれた。


それは紙を二つ、三つ、四つまたは五つ折りして
切り抜いて模様を作る遊びなの。
工作好きのわたしにはもってこい(?)
Monkirigata1_1 Monkirgata2





これは桃(?)と扇。


次のはちょっと頑張ってみた。
Monkirigata3Monkirigata4





的に刺さった矢と二羽の鶴。


Aちゃんが作ってくれたカードがすごく洋風だから、
-メッセージを入れてから、アップしようと思います。-
この紋切り型は・・・お手紙と封筒のワンポイントに
使おうかなぁって思ってたり。
作ってて楽しかったぁ♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006-10-10

たぶん【くのいち】に向いてる。

さっきお手洗いで歯磨きしていたら、
奥の個室からTさんが出てきた。
誰もいないと思っていたし、
気配すら感じなかったのに!!


その上、Tさんはこう言った。
「その歯の磨く音、
 schokosちゃんだと思ったのよ。」
えぇー、歯磨きの音で判別できるのっ!?


一介の事務員にしておくには
もったいなさ過ぎる能力だよ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-09

持ち物整理。

冬服を整理しようと引っ張り出したら、
「まだ着れるけど、きっと着ないんだよね。」とか
「捨てるにはもったいない・・・。」という品が十数点。


OFF HOUSE に問い合わせてみたら、
冬物の買取りが始まっているそうなので
キレイに畳んで持って行ってみた。


そしたら! やっぱりお片づけの時期なのね。
買取り希望の人の列ができてた!
一時間半近く待ったけど、気に入っていたニットを
捨てちゃうのは悲しいからなー。
新しい持ち主さんのところで、
しっかりお役目を果たしておいで (・∀・)/~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-07

美味しいもの続き。

昨日の晩に食べたPastelの今月の限定スイーツ。
なめらかスイートポテトプリン。
「スイートポテト、食べました!」と
言わんばかりの濃厚さに感動した。


んでもって、今朝はBAGEL&BAGEL
マンスリーベーグルを食べた。
今月はキャラメルパンプキン。
そのままでも美味しいんだけど、
バターを塗って食べたら更に美味しかった♪


秋は美味しいものが多いから、
ポッコリしないように気をつけなくちゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-10-06

楽しげな警報。

うわー、すっごい雨だよ(*_*)
周りの県に大雨洪水警報が出てる中
千葉には波浪警報が出ている。


この「波浪警報」にはちょっとした思い出があったりする。
幼稚園の頃、これが出る度に
「Hello警報かぁ。」って思っていた。
きっと陽気なことがあるのだろうと勘違い。


コサックダンスの存在を知ってから
「シベリア寒気団」と聞くと、
一列に並んだ外国人がダンスをしながら
日本列島にやってくる様子が浮かんだりもしてたっけ。
わたしの頭の中って一体…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006-10-05

本命は「黒糖みるく」だけど。

探しても探しても、見つからない。
「黒糖みるく」よ、きみは何処にいるのかい?


で、浮気してみてる。 岩塚製菓の「黒豆せんべい」に。
しょっぱくて、コリコリお豆で非常に美味すぃ〜〜♪
「黒豆おかき」ではなく、
「せんべい」ってところがポイントかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-04

神々しく光って・・・。

お彼岸にD寺でT野さん一家を見かけた。
向こうはわたしに気づかなかったので、
話の種にとっておくことにしたの。


そして、今日のお昼。
喫煙ルームで、T野さんと二人になった。
沈黙もなんだし話しかけてみた。
「T野さん、D寺に・・・。」と言った時、
W邊(小)さんがやってきてすかさず
「光ってた? 眩しかった?」と台詞の横取り(!)


そう、T野さんはいわゆる○ゲ。
でも楽観主義者なので、あっけらかんとしてるの。
- 本当はどうかわからないけれど、明るいおじさんって感じ。-
W邊(小)さんを上手くあしらい、笑わせてから
わたしに「後光が差してた?」とふってきた。


その場の雰囲気を壊さないためにも、
親しくないけどちょっと乗らなくては!!
そして思わず出た言葉が、
「はい、神々しく光ってました!」
あぁ、「神々しかったですよ。」でよかったのに。
うっかり動詞を言ってしまいました・・・。

けれどもそこは気のいいT野さん。
やっぱりあっけらかーんとしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-03

キャベツの切り方。

けんじくんの家と従姉の家は、
キャベツの切り方が同じ。
キャベツを取り出し、千切りしてから
水でパシャパシャ洗う。
我が家はキャベツを一枚ずつはがして、
洗ってから千切りする。


「千切りしてから洗って水をきれば
 歯ごたえ良く食べられる。」と言っていた。
今日は歯ごたえ重視で切ってみた。
ん、確かにシャキシャキ感があるような・・・。


でも、それより気になったことが一つ。
この切り方だと芯に近い方は
どうやって切ったらよいのだろう??
今日はとりあえず切ってから、
ゴツイところは除けてみた。


慣れないことをすると、時間がかかる上に
変なところが気になっちゃって。。。
・・・そもそもお料理自体に慣れてないけど。
どうしてもお料理が好きになれないし(涙)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-10-01

『飛ぶ教室』 / エーリヒ・ケストナー

去年、図書館で『飛ぶ教室』を借りた。
書庫から引っ張り出してもらったけれど、
訳語が古くてイマイチ世界に入っていけず
悔しいけどリタイアしちゃった。


今年は光文社から「古典新訳文庫」が発売された。
そこにあるではないですか、『飛ぶ教室』がっ!
早速買って、たった今読み終えたところ。


子どもたちの優しさや、友情の固さに
素直に心がほんわかした。
特別立派なことを書いているわけではなく、
ごくごく身近なことを、簡単な言葉で書いてあるから
伝わってくるものがあるのかな?


グリューンケルン先生のしゃれがわからなくても、
-わたしの察しが悪いのか、無知なせいなのか?-
いいお話だっていうのは確か(笑)
- お話に、ごく密接に関係してなくて助かったよ・・・。-
光文社さん、新訳を出してくれてどうもありがとう♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »